BLOG

「感覚」と「感情」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは、
リンパケアサークルゆるふわの鷲見です。

ここ数日、「ゴール設定」について、
ご紹介しております。

ゴール設定には、

意識
感覚
感情

の3つのポイントを押させるのが
大事なポイントになります。

昨日はどんなゴール設定を意識するのか?
について、ご紹介しました。

そして、今日は、
私が感じている「感覚」と「感情」について
ご紹介します。

もし、ご覧になっている方の参考になれば、嬉しいです。

「感覚」と「感情」に共通しているのは、
「感」があることです。

では、「感」は何でしょうか?

ファシアです。

そして、
そのファシアが刺激を感じているものが
「感」である。

と私は感じています。

その「感」に「情」が絡めば、
「感情」になり、

「感」に「覚」が絡めば、
「感覚」になる、

というように感じています。

では「情」とは?

「情」とは、
その人に備わっているもの

その根幹は、
考え方、思想、
今までの生き方や在り方、
環境など

その人が今まで生きてきて、
関わったことを通して、
今、身につけているものが「情」である、

と感じています。

「感」と「情」が絡み合い、
生まれてきたものが「感情」ですので、

同じ人(「情」)であっても、
外からの刺激(「感」)が変われば、
「感情」は変わるし、

同じ刺激(「感」)であっても、
人(「情」)が変われば、
「感情」は変わってしまう

その瞬間、その人だけのものなんだと感じています。

続いて、「覚」についてですが、

長くなりそうですし、
今から東京出張の準備をするので、
明日以降にしようと思います。

興味がある方は、是非続きを楽しみにしておいてください。

それでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP