ケアでも運動でも屈筋ラインを使う

おはようございます、鷲見です。

さとう式リンパケアでは、
「支持筋は屈筋」という理論があります。

屈筋とは、関節を屈する時に作用する筋肉のことです。

屈筋に対して、伸筋というのがありますが、
伸筋とは、関節を伸ばす時に作用する筋肉のことです。

屈筋は、腰から上は主に前面にあり、足は裏面にあります。
(咀嚼筋、舌骨上筋群、舌骨下筋群、大胸筋、大腰筋、
ハムストリングス、腓腹筋などです。)

伸筋は、腰から上は裏面にあり、足は全面にあります。
(僧帽筋、脊柱起立筋、腰方形筋、大腿四頭筋などです。)

屈筋は圧倒的な強さがあるので、
屈筋を使えるようになると、
圧倒的なパフォーマンスを発揮できるようになります。

そして、体のケアにもこの屈筋が鍵になります。

屈筋をゆるめることで
拮抗している(引っ張られている)伸筋もゆるみます。

屈筋をうまく動かせるようになることで、
セルフケアの効果も出ますし、
圧倒的なパフォーマンスも発揮できます。

基本ケアにある「腕回し」は、
この屈筋ラインで動かす動きになっています。

腕回しがうまくできるようになると、
屈筋ラインで動かすことが上手になりますので、

ケアも上手になりますし、
「合気上げ」や「腕相撲」のような
圧倒的なパフォーマンスも発揮できるようになります。

関連記事

  1. iPhoneでそのまま撮ってます?

  2. 「色っぽい太もも」になるための「太もも対策」

  3. 中学生も後回ししましょう。

  4. アメブロ読者登録900名突破!

  5. シェー体操の足の動きを教えて

  6. 東京滞在3日目の朝

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。