インフルエンザ予防に「あによべ体操」

こんにちは、鷲見です。

「〔インフルエンザ〕流行ピーク続く 37都道府県で警報発令レベル」

316722

このニュースをご覧になっていただいても分かるように、
最近、インフルエンザが流行しています。

インフルエンザの予防には、手洗い、うがい、が定番です。

今日はもう一つオススメの予防方法がありますので、
そちらをご紹介します。

そのオススメの予防方法は「あによべ体操」です。

この「あによべ体操」をすると、舌位が高くなり、
それが免疫機能のアップへと繋がります。

舌位が高くなると、
口呼吸から鼻呼吸へ、となっていきます。

口呼吸では、
空気中の細菌やウイルス、ゴミなどの異物と一緒に
乾いた冷たい空気が体内に直接入ってしまいます。

それでは、インフルエンザに感染しやすくなってしまいます。

一方、鼻呼吸では、
鼻毛や扁桃などのリンパ組織で異物のブロックをし、
副鼻腔で、空気を湿らせ、温めてくれます。

その上、副鼻腔では一酸化窒素が畜産され、
この一酸化窒素で、空気が殺菌されます。

すると、免疫機能がアップし、
インフルエンザに感染するのを防いでくれます。

「あによべ体操」で舌位が高くなり、
口呼吸から鼻呼吸になると、
免疫機能がアップし、感染リスクが減ります。

当然、インフルエンザだけでなく、
様々なウイルスの感染リスクも減っていくのです。

この「あによべ体操」を習慣化し、
免疫機能をアップしていきましょう。

関連記事

  1. 頬が下がり、エラが張る筋肉

  2. 「無料講座」「MRT基礎」「リンパケア初級」「リンパケア上級」

  3. 中学3年生の感想です。

  4. これからの予定(HPとYouTube)

  5. セルフケアと体温の変化の検証 その4

  6. 立ったまま大腰筋をゆるめるケア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。