体の痛みは後ろ側で起きている。しかし、原因は・・・

こんにちは、鷲見です。

こちらの画像をご覧ください。

スクリーンショット-2016-02-23-17.52.19スクリーンショット-2016-02-23-17.52.09スクリーンショット-2016-02-23-17.50.25

こちらは12月〜2月のアメブロの検索ワードなのですが、
「腰痛」「首」「反り腰」「肩こり」「背中」
というワードで検索させています。

おそらくですが、
これらの痛みに対処するケア方法を知りたくて、
検索させたのだと思います。

「首」「肩」「背中」「腰」
これらの痛みは全て体の裏側で起こっています。

ただ、これらの痛みは体の裏側の問題なのではなく、
体の前側の筋肉に引っ張られて、痛みが出ているのです。

ですので、首や肩に直接アプローチしても、
その場ではとても気持ちいいのですが、
後で、すぐ元通りになってしまうことが多いです。

ではどうすればいいのか?

後ろ側の筋肉は前側の筋肉に引っ張られているので、
後ろ側に直接アプローチするのではなく、
前側にアプローチ、つまり、前側の筋肉をゆるめます。

ちなみに、
前側の筋肉を屈筋といい、後ろ側の筋肉を伸筋と言います。

屈筋をゆるめ、引っ張らないようにすれば、
伸筋は引っ張られず、ゆるみ、
体の裏側(首や肩、腰など)の痛みが消えてしまうのです。

肩こりのセルフケアの
「片手バンザイ」や「キラキラグーパー」「寝たままセルフケア」など
全部、前側の筋肉をゆるめるセルフケアです。



痛い部分である体の裏側を揉んだりするのではなく、
表面にある屈筋をゆるめるケア方法を試してみて下さい。

関連記事

  1. セミナー情報です。

  2. 鳥取県米子市で佐藤先生のセミナーと講演会が聞けました。

  3. 腕回しの解説

  4. 体を支える6つの筋肉

  5. ポンプとポンプは喧嘩します!

  6. 読者数200名突破!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。