老化や病気の原因となる「活性酸素」

こんにちは、鷲見です。

こんな記事を見つけました。
「老化の原因「活性酸素」を減らす食材とは」

026598
この「活性酸素」ですが、
身体の中では、必要なもので、
身体の中に入ってきた細菌を酸化、殺菌してくれています。

ではなぜ、
「活性酸素」は悪者のように言われてしまうのでしょうか?

「活性酸素」はその殺菌作用で、
細胞を細菌などから守っているのですが、

量が大事で、

量が増えすぎてしまうと、
本来守るはずの細胞を酸化させ、
ダメージを与えてしまっているのです。

なぜ、「活性酸素」の量が増えすぎてしまうのか?

間質リンパと呼ばれる体液の循環が悪くなってしまい、
排出されずに滞ってしまうからです。

なぜ、体液循環が悪くなってしまうのか?

筋肉には、スポンジやタオルのように、
体液(間質リンパ)を吸い込んで吐き出すという
ポンプのような役割があります。

この筋肉の体液ポンプの役割で、
体液は循環するようになっています。

しかし、筋肉が緊張したままになってしまうことで、
この体液のポンプ機能が低下し、
体液の循環が悪くなってしまうのです。

ではどうすれば良いのか?

筋肉をゆるめれば良いのです。

筋肉をゆるめることで、体液のポンプ機能がアップし、
体液循環が促されます。

すると、滞っていた「活性酸素」も循環し、
排出されるようになります。

ですから、
筋肉をゆるめていくことが、老化や病気の予防にもなるんです。

最初に紹介しております記事のように、
「食」も大事ですので、
できれば、「食」と「身体」の両方でケアして下さいね。

関連記事

  1. シェー体操でゆるんでるのかな?

  2. 7月のブログの人気記事

  3. MRTマスター養成講座の宿題作成中

  4. 血糖値について〜糖代謝と糖代謝異常〜

  5. 日めくりセルフケア〜目周りのセルフケア〜

  6. MRTマスター養成講座

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。