「やるき」は気持ちの問題じゃない

こんばんは、鷲見です。

 

今日見つけた記事はこちら

「やる気は気持ちの問題じゃない」

128727

 

 

本当にそうだと思います。

 

「やる気」は気持ちではなく、

やる気ホルモンである「TRH(甲状腺刺激放出ホルモン)」が関係しています。

 

このTRHですが、

好きなことや興味のあることをしようとすると分泌しますし、

何かご褒美(報酬)が期待できても分泌します。

 

好きなことでなくても、やり始めると分泌します。

 

好きなことや何かご褒美があれば、やる気になるし、

 

最初はやる気になれなかったけど、やっていくうちに、

だんだん乗ってきて、やる気になってくる。ということです。

 

心あたりがあると思います。

 

それでは、

この「TRH(甲状腺刺激放出ホルモン)」を単純に増やせばいいのか、

というと、そう簡単ではないです。

 

TRH(甲状腺刺激放出ホルモン)は興奮系のホルモンですので、

TRHだけでは、興奮しっぱなしではオーバーヒートしてしまいます。

 

しかし、オーバーヒートしないように、

セロトニン(静寂系のホルモン)で冷却すると、

 

ロウソクの火が安定して、

ず〜っと燃え続けることができるように、

集中し、行動し続けることが出来るようになります。

 

「やる気が出ない」のは、気持ちの問題ではなく、

ホルモンの問題なのです。

 

しかも、ただ出せばいいというわけではなく、

興奮と静寂で安定することが大事なのです。

 

記事中のやり方もオススメですが、

 

記事以外の方法として、

夜寝る前のセルフケアと朝起きてからのセルフケアをご紹介します。

 

セルフケアは、本当はなんでもいいのですが、

 

今日ご紹介するセルフケアは

「簡単バージョン耳たぶ回し」と「あによべ体操」です。

 

「簡単バージョン耳たぶ回し」のやり方は、

①手のひらを外側に返し、

②人差し指と中指(中指と薬指でも大丈夫)で耳たぶをはさみ、後ろ回し

③下顎を左右に揺らし、口を開ける

④深呼吸

⑤グーパーグーパー、キラキラ

⑥深呼吸

 

「あによべ体操」のやり方は、

とても簡単で大きな口を開けて、

「あ」「に」「よ」「べ」の形をしてもらいます。

 

夜は寝る前に、歯を磨き、そのついでに「あによべ体操」

そして、布団の中で「耳たぶ回し」をして頂くと良いです。

 

そして、

朝起きた時に、歯を磨き、そのついでに「あによべ体操」

そして、朝日を浴びながら、「耳たぶ回し」をして頂くと良いです。

 

試しに、30日続けてみてください。

TRH(甲状腺刺激放出ホルモン)とセロトニンをバランス良く分泌して、

静かで、熱い、やる気を出していきましょう。

 

それでは、また明日。

関連記事

  1. 外側翼突筋ってオモシロ〜イ

  2. はらはら、不安な時のケア

  3. 「MRTマスター養成講座」初日終了しました。

  4. 視力回復について

  5. 足の裏が痛い(モートン病かも)について

  6. 昨日は岡山県岡山市でMRT講習会・練習会でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。