トレーニングだけでなく、ケアも取り入れて、スタイルアップ♪

こんばんは、鷲見です。

 

今日はトレーニング、

キングオブエクササイズ「スクワット」の記事を見つけました。

179850

 

 

スクワットの具体的な方法は

是非、記事をご覧ください。

 

実は、スクワットだけよりも、

効率がよく、効果も高く、

疲れにくく、どんどん元気になる方法があります。

 

 

やり方はとても簡単です。

 

スクワットをする前に、

足からみぞおちまで、表も裏も全体をかる〜い力でなでます。

 

そして、スクワット。

 

インターバルも同様に、なでます。

 

上記の手順で、

その日のトレーニングをして下さい。

 

そして、トレーニング後、

もう一度、足からみぞおちまでなで、「シェー体操」をして下さい。

 

 

なぜ、トレーニングだけよりも、

なでたり、シェー体操をすると効果が高くなるんでしょうか?

 

トレーニングは収縮運動になりますので、

収縮しっぱなしになりやすいです。

 

収縮しっぱなしの状態になってしまうと、

筋肉のパフォーマンスが下がってしまいます。

 

筋肉の収縮力は

筋肉(アクチンフィラメントとミオシンフィラメント)の長さと関係していて、

 

筋肉が長すぎても、短すぎても、収縮力は下がってしまい、

短すぎず、長すぎず(Resting Length)の状態が

筋肉の収縮力が一番高い状態なのです。

 

ですので、トレーニング中に、短くなった筋肉をゆるめ、

短すぎない状態に戻すことにより、パフォーマンスがアップします。

 

そして、トレーニング後もケアをするのは、

筋肉をゆるめ、体液のポンプ機能を高めると、

体液循環が促され、

 

トレーニングにより発生した、老廃物をいち早く排出し、

回復に必要な栄養素を取り入れることができるようになるのです。

 

そして、時間の余裕のある方は、

シェー体操だけでなく、ウエストダウンやヒップアップもすれば、

より形も整いますので、

 

スクワットだけよりもどんどんスタイルアップしやすくなります。

 

スタイルアップにも有効ですし、

腰痛やひざの痛み、スポーツを行っている方にもおすすめです。

 

今日ご紹介している「シェー体操」ですが、

「リンパケア上級」「MRT(筋ゆる)基礎」だけでなく、

 

「セルフケア講座ウエストダウン」「MRTセルフケア講座」

でもお伝えしておりますので、

興味のある方は、どうぞこちらからお探し下さい。

 

全国のインストラクターが各地で講座を行っております。

https://lymphcare.org/training_sessions

 

それでは、また明日

関連記事

  1. 田んぼ理論〜血行不良ではなく、間質リンパの循環障害〜

  2. 「セロトニン」はconductor

  3. かばんの持ち方(かばんを持ちながらセルフケア)

  4. 周りに感化されました!

  5. 来月は、奈良県にお呼ばれしました。

  6. 耳鳴りのセルフケア〜ご質問をいただきました〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。