「魔法のさすレッチ」前のおすすめケア「耳たぶ回し」

おはようございます、鷲見です。

今日は「魔法のさすレッチ(逆ストレッチ)」
前のおすすめケアとして、
「耳たぶ回し」をご紹介します。

「さとう式リンパケア」の代名詞とも言える
「耳たぶ回し」ですが、

代名詞というくらいですから、
とても効果的なケア方法になっています。

やり方は最後のご紹介するとして、

効果はものすごくたくさんあり、

肩こり、腰痛、頭痛など、
痛みのケアだけでなく、

小顔、シワなどの顔のケア、
バストアップやウエストダウンなどの身体のケア、
という具合に、美容面でも効果的、

それだけではなく、
今日ご紹介するように開脚やスポーツ前後、
メンテナンスとしても効果的です。

なぜ、「耳たぶ回し」はいろいろな効果があるのでしょうか?

「耳たぶ回し」では、
「咀嚼筋」をゆるめることをしています。

この「咀嚼筋」が鍵になっています。

にわかには信じなれないかもしれませんが、
この「咀嚼筋」と全身の筋肉は繋がっていて、
「咀嚼筋」は全身の筋肉のつなぎ目になっています。

手の先も「咀嚼筋」と繋がっていて、
足の先も「咀嚼筋」と繋がっています。

右手と左手もつながっているのですが、
「咀嚼筋」をつなぎ目にして、
つながっているのです。

ですので、「咀嚼筋」をゆるめると、
つながっている全身の筋肉がゆるみ、
いろいろな効果が出るのです。

それでは、「耳たぶ回し」をご紹介します。

「魔法のさすレッチ」前のおすすめケア
「耳たぶ回し」

やり方①
耳たぶの付け根を軽くはさみ、後ろ回しに4回、耳たぶを回す

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やり方②
頬からエラに向かって、優しく4回、撫でる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やり方③
耳たぶを4回回す。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やり方④
顎を前後に4回動かす

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やり方⑤
顎を左右に4回動かす

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やり方⑥
口を開ける

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やり方⑦
やり方①〜⑥を3セット行う
(残り2セット行う)
やり方⑧
肘を90度に曲げ、後ろに4回動かす。
(※個人差があるので、肘の角度や腕の上げ具合など、
無理のないところで動かしてい下さい。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やり方⑨
後ろ回しに8×4セット回す。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やり方⑩
やり方①〜⑥とやり方⑧⑨を残り2セット行う。

関連記事

  1. いよいよ本日、鳥取県米子市での佐藤先生のセミナー、講演会。

  2. イルカやサメのような腔の動きって?

  3. 股関節の痛みについて

  4. 東京で佐藤先生の講座の見学

  5. 腔の理論でバストアップ

  6. 大阪13期インストラクター養成講座

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。