筋肉をゆるめる(MRT=Muscle Release Technic)

こんばんは、鷲見です。

もう先々週の話になるのですが、
「MRTマスター養成講座」の最終日を行いました。

講座中の写真がなく、食事会の写真

MRTマスターとは、
施術家として、講師として、
MRTのプロフェッショナルを

4ヶ月に渡り、養成する講座になります。

MRTとは、Muscle Release Technicの略で、
その通り「筋肉をゆるめるテクニック」になります。

リンパ間質液の循環が悪くなることで、
様々な体の不調が起こります。

「血行が悪い」

という言葉を聞いたことがあると思います。

しかし、殆どの場合、
血行は悪くなっていないのです。

心臓か血管に問題がなければ、
血行が悪くなるはずはないのです。

むしろ、血行は良くなっています。

悪くなっているのは、
血行ではなく、
体液=リンパ間質液の循環が悪くなっているのです。

ですので、MRTがとても有効なのです。

筋肉をゆるめることで、
筋肉の機能である
「リンパ間質液のポンプ機能」が高くなります。

ポンプ機能が高くなると、
リンパ間質液の循環がよりダイナミックになっていきます。

血行ではなく、
体液循環、リンパ間質液の循環に注目していきましょう。

関連記事

  1. 11月セミナー開催日程(島根県松江市)

  2. 急遽、島根県出雲市にて「さとう式リンパケア講習会」を開催

  3. 今日はしっかりと練習します

  4. テンセグリティとさとう式

  5. 身体の変化(筋肉のポンプ〜腎臓)

  6. ゆるふにゃ式?いえいえ、さとう式です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。