さとう式リンパケアは「リンパ間質液」を対象にしています。

こんばんは、鷲見です。

一般的なリンパテクニックでは、
(例えば、リンパマッサージやリンパドレナージュなどです。)

リンパ管内のリンパ(管内リンパ)を対象にしていますが、

さとう式リンパケアでは、
管内リンパではなく、
細胞間を満たしているリンパ(リンパ間質液)を対象にしています。

なぜ、リンパ間質液を対象にしているのでしょうか?

それは、リンパ間質液の循環が
とても重要だと考えているからです。

こちらの動画をご覧ください。

田んぼ理論
といって、
体液循環を田んぼに例えた理論です。

動画でも説明しているように、
稲が元気に育つのには、
田んぼの中の循環がとても重要なのです。

健康法や医療では血流を重要視しています。

一般的なリンパテクニックでは
管内リンパを重要視しています。

もちろん血流も大事ですが、
血流だけが大事なのではなく、
リンパ間質液の循環も大事です。

もちろん管内リンパの流れも大事ですが、
管内リンパの流れだけが重要なのではなく、
リンパ間質液の循環も大事です。

血流だけ、とか、
管内リンパだけ、とか、
のように部分的な流れを見るのではなく、

もっと全体の流れを見る。

リンパ間質液の流れも見て、
体液循環全体の流れが促されるように

さとう式リンパケアでは、
リンパ間質液を対象にしています。

次回では、
どうやってリンパ間質液を対象にしているのか?
についてご紹介します。

関連記事

  1. 内藤リゾートで鷲見先生。

  2. これからの予定(HPとYouTube)

  3. リクエストいただきましたので、増員します。

  4. 今日は鳥取県米子市で講習会でした。

  5. 可動域の大幅な改善変化

  6. 背中のケア方法〜キーパンチャー業務の方〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。