膝の痛み〜ご質問にお答えします〜

こんばんは、鷲見です。

今日はご質問をいただきましたので、
そちらにお答えする動画です。

頂いたご質問はこちら

鷲見様

youtubeの動画、懇切丁寧に、また詳細に教えて頂いているので、よく分かり大変参考になっています。

いつもありがとうございます。

妻の膝痛について、教えていただきたくメールしました。

3年ほど前になりますが、正座したまま20分ほど居眠りをしてしまったところ右膝痛を発症し、歩行に支障を来し、ほぼ1年かかって自然に寛解しました。

昨年はじめ、少し膝が痛くて歩きづらいというので整形外科を受診したところ、軟骨の減り方は少しで、そのことによって強い疼痛が生じる程では無い軽度の変形性膝関節症と診断され、ヒアルロン酸を関節内に注入して貰いました。

その後、低い山登りや数kmの歩行をしても痛みも全く無く過ごしていました。

2週間前、外出先で1~2kgの荷物を持って2~3kmほど歩いたそうですが、帰宅して床に足を投げ出して座っていたところ、突然右膝後ろに強い痛みが現れ、脚も伸ばせない状態になりました。

筋肉が硬直したようになり、痛みが強く、肩を貸さないと歩行ができない状態になったため、急いで整形外科を受診しました。

医師によると、利き手で荷物を持って歩いたため、重みが膝関節にかかり、膝後ろに水が溜まって疼痛が生じていると診断されました。

水を抜いて貰ったところ、腫れもかなり引き、脚も曲げられるようになり、痛みが大幅に減って一人で歩けるほどになりました。

医師から、膝痛予防の体操(太腿の筋肉を鍛える一般的によく指導されているものです。)と靴のインソールの踵外側を少し厚くする方法を指導されましたが、インソールはまだ作成していません。

体操は1回だけしたところ、また腫れてしまい、夕方20分位と夜間就寝時に痛みが強く出るようになりました。

上を向いて寝ると膝が痛くなり、50肩で肩の重みで痛くなるのとよく似ています。

ネットでいろいろ調べていると、妻のように利き足が右足の場合、右膝後ろに水が溜まったり、痛みが出る、それは大腿部の後ろの筋肉が使われ過ぎたため、凝った状態、筋緊張状態になっている。また、膝痛だけでなく、腰痛なども緊張を解いて筋肉を軟らかくすれば良くなる。という記事を見つけました。

妻に尋ねると、痛いときは大腿部やふくらはぎが堅くなっているとのことです。

そこで、筋肉を緩めれば良いのではと考え、さとう式の足指ワイワイ、フェイシャルブラシでの顔の5つのラインのブラッシング、グッパー、脚をさすってキック、膝周りをやさしくさする、フレクサーソックスを履くなどをしているところです。

膝裏にタオルを敷く方法も試しましたが、この状態では就寝しづらいようです。

さとう式リンパケアのインソールも作る必要がありますが、長時間使用しないで下さいと書かれていたので、まだ試していません。

その結果、痛みは少しましになり、夜間就寝時の痛みで眠れないと言うことは無くなりました。

素人考えでやっていますので、間違っている虞があり、正しいやり方に改めたいと考えています。

そこで、妻のような右膝後部の腫れ・疼痛・水が溜まるという症状をまず寛解し、次に今後再発しないようにする予防方法、また再発したときの緊急処置の3点についてご指導下さい。

あと、追加でこちらも

鷲見様
昨日のメールで「妻に尋ねると、痛いときは大腿部やふくらはぎが堅くなっているとのことです。」と書きましたが、痛みが強くて歩けなかったときは大腿部は堅くなっておらず、ふくらはぎから前面外側部にかけての筋肉が硬直(足が攣ったときのように)したようになっていたそうです。
訂正いたします。

関連記事

  1. 風邪なんか怖くない

  2. 次回はセルフケア講座です。

  3. 痛みを取るセルフケア「キラキラグーパーマジック」

  4. ヘルニアは腰痛の原因でない

  5. 修正版「みぞおち体操の解説」

  6. 腱鞘炎みたいに痛い時のセルフケア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。