ご質問をいただきました〜リンパケアについてお聞きしたのですが〜

おはようございます、鷲見です。

今日はご質問をいただきましたので、
そちらにお答えする動画を作成しました。

頂いたご質問はこちら

こんにちは。
頭蓋骨がズレている事についてメールを送った者です。先日はアドバイスをくださりありがとうございました。

また、何点かお聞きしたい事がありましたので再度メールさせていただきました。
相変わらず、だらだらと長くなってしまいそうなのですがお許しください・・。

まず最初に、かなり前になるのですが、実は私は病院で顎の骨を切る手術を受けていて、その時のマヒがまだ残っています。

一見リンパケアと何も関係ないように思われるかもしれないのですが、
これは、以前先生がリンパケア理論の動画の中でおっしゃっていた、筋肉は弱い力で触れるという事、
それによって皮膚や粘膜にはりめぐらされた神経が反応・活性化し、筋肉が緩む事、
つまり「触れる」という行為そのものが直接筋肉を緩めているのではなくて表面の神経が作用することで緩んでいるんだよ、という内容の動画を拝見した事から、
それなら私のように神経が機能しなくなって、触覚もほとんどない状態だったら、はたして通常どおりケアをしても効果は期待できるのか、と思い不安を感じました。

当時顎の手術をしていただいた執刀医の先生によると、神経は手術で骨が移動したことによって「たわみ」が発生し、本来の触覚などを司る機能が著しく低下してはいるものの、ほとんどの神経は温存してあり、切断はしていないとのことでした。ですが逆にいえば、その内の何パーセントかは切れてしまっていると言う事でもあります。
実際に口の中を舌で触ってみた感覚は、触ってる感じはあるもののやはり上顎と比べると相当鈍くなってる感じがします。
とにかく筋肉をとりまく有効な神経の数はかなり少なくなってると思います(たぶんですが)。

わからないのは、神経は温存してあれば機能してなくても筋肉を緩める作用があるのか、それとも触覚が衰えてしまったら、あるいは神経がなくなってしまったらケアをしてももう効果は望めないのか、そこのところを、詳しく教えていただきたいです。

それともう一つお聞きしたいのですが、リンパケアは必ず口腔からじゃないと緩まないのでしょうか。
もし、仮に筋肉がこわばってる事以外に何も要因がない場合、特定の筋肉(口腔以外)だけがずっと緩まないという事は考えられますか。
私の場合、体が歪んでしまったのは口腔が始まりではなく、以前も書いたのですが腰骨あたりの違和感が原因かなと思っているので、どこからケアをしたらいいのか教えて欲しいです。

以上ですm(_ _)m
相変わらず長すぎる文章で申し訳ありません…。
ご回答いただけますように。
それでは失礼いたします。

回答の動画はこちら

質問者の方には、
〇〇だから、ダメとか、無理っていうのではなく、

あれっ?良くなってる、
とか、
ちょっとだけど、良くなった、

というように、
私でも良くなっていける、
という希望をぜひ発見していただきたいと思います。

どんなステージからでも良くなっていけるので、
そのことを知ってほしいと思います。

関連記事

  1. ハッピーハロウィン♪

  2. さとう式との最強タッグ 後藤日出夫先生のセミナー

  3. 鳥取県米子市で佐藤先生のセミナーと講演会が聞けました。

  4. 熊本地震義援金のご報告

  5. 耳たぶ回しのコツ 文章編

  6. 最初は頭痛の改善でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。