足のセルフケアの決定版!

おはようございます、鷲見です。

今日は
「足のセルフケアの決定版!」をご紹介します。

ご覧いただければ、分かりますが、
足のセルフケアの決定版で欠かせないのは、
「大腰筋」をゆるめるということです。

結構言われることですが、

「大腰筋」と「腸骨筋」を一緒にして、
「腸骨筋」を鍛えましょう!

ハッキリ言いますが、これは間違いです。

鍛えるのではなく、
ゆるめることがとても有効です。

「大腰筋」をしっかりと使えていれば、いいのですが、

「腸骨筋」を使い、
「大腰筋」を使ってないことで、
両方の筋肉が緊張し、固くなってしまっているのです。

「大腰筋」は、
足を動かす、体を支えるための
メインの筋肉で、

「腸骨筋」は
「大腰筋」のサブの役割をする筋肉です。

メインである「大腰筋」を使わずに、
サブの「腸骨筋」を使うことで、

「大腰筋」は動かさないことで、
緊張し、固くなってしまい、

「腸骨筋」はオーバーワークで、
緊張し、固くなってしまっているのです。

腰痛もひざや足首の痛みも
足の筋パフォーマンスも
「大腰筋」をゆるめるのがポイントです。

気になる方は、是非試してみて下さい。

関連記事

  1. 肩甲骨周りのセルフケア

  2. さとう式リンパケアの3つの基本

  3. 脚にもある黄金比率、「5:3:2」

  4. 良い姿勢の座り方(さとう式的)

  5. 花粉症でお困りではないですか?

  6. ハッピーライン(ほうれい線を防ぐセルフケア)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。