背骨は梁(はり)構造である|魔法のタッチ さとう式リンパケア

こんばんは、鷲見です。

今日の佐藤先生のブログです。

さとう式リンパケアの基本
「身体は腔で構成されている」についての記事なのですが、

背骨で立つ、という概念から外れない方に
特におすすめです。

あ〜、なるほどね〜
というアハ体験ができます。

ぜひご覧ください。

背骨は梁である そもそも魚などの背骨は身体を支えるためにできてはいない 爬虫類 両生類などは 背骨を通し梁をして 上腕が梁を支え 前腕が 軸構造として …

情報源: 背骨は梁(はり)構造である|魔法のタッチ さとう式リンパケア

 

もしかしたら、
梁(はり)という単語を
はじめて聞く方もいらっしゃると思います。

梁とはこういうものです。
(ネットから画像を拝借しました)

梁というのは、横軸で、
柱は、縦軸になっています。

だから、
背骨は軸という風に誤解されるんでしょうが、

人間はそもそもほ乳類、
そして、4足歩行のほ乳類で考えれば、
背骨は梁(はり)ですよね。

「背骨は梁である!」

これに気づくことができれば、

背骨を梁として機能し、
屈筋が身体を支えるように機能し、
身体は腔の構造体として機能していくことができます。

そうすれば、
どんどん元気になるし、
キレイになります。

そして、
より良く生きていくことが出来るようになります。

 

関連記事

  1. 簡単な肩こりケア 呼吸編

  2. ゾーンセラピーって何でしょう?

  3. 「魔法のさすレッチ」のまとめ

  4. 別の角度からのビフォーアフター写真

  5. 良い姿勢になる立ち方〜つま先重心とつま先荷重〜

  6. 本日は新大阪でセルフケア講座でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。