無料講習会と有料講習会 何が違うの?

こんにちは、鷲見です。

今日もご質問をいただきましたので、
そちらにお答えする動画を作成しました。

頂いたご質問はこちら

鷲見さん、

いつもありがとうございます。

質問させて頂きたいことがございまして、

メッセージより失礼いたします。

私は、以前、

鷲見先生の無料講座を受けさせて頂いた者ですが、

有料講座と、無料講座はどう違うのでしょうか?

YOU TUBE でも沢山の素晴らしい情報を、

私たち視聴者、読者にお分かち下さっている上に、

インストラクターの方々のご著書など、お勉強させて頂くだけでも、

十分自分自身としては、効果を感じております。

このまま、もっと研究を深め、他の様々な要素も取り入れ、

自分なりのセラピーを確立すれば、仕事として成り立つのではなかろうか?と

図々しいながら、思う事があります。

勿論、「さとう式リンパ」という言葉を、

お免状を持たない者が、使用するのは、

法に反するという事位の常識はございますが、

私の気になる点は、そこではなく、

有料の講習は、無料の講習では教えて頂けない何か秘策があるのでしょうか?

と、申しますのは、

自分で顔や、身体をケアした時、ちゃんと効果を感じるのですが、

以前、無料講習で鷲見先生に、顔をほんの短い時間、タッチして頂いただけで、

帰りの車の中で、頬がピンク色になって、血流が良くなっている感じがしたのです。

ひょっとしたら、その時の体調や、気候によるものだったのかもしれませんが、

あれは、その後、自分でケアした時の感覚では一度も得られない体感だったと、

今、再認識しております次第です。

そこでふと、思ったのですが、何か気功の様な微弱電流の流し方を、

さとう式リンパのお免状を持つ方々は取得されていらっしゃるのでしょうか?

有料講習では、そういう秘策を教えて下さるのでしょうか?

今すぐに、リンパケアの専門家になろうという意図があるわけではない、

私からの、率直な好奇心溢れる質問であるということを前提の上で、

もし差し支えなければ、お答え頂けますとありがたく思います。

企業秘密でそこは公開できない、ということであれば、

当然のことながら、それは納得致します。

これからも鷲見先生の、動画や、ブログを楽しみにしております。

また、サトウ先生のブログも、非常に興味深く拝読させて頂いております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

ありがとうございます。

ただ、今日の質問は
私の無料講習会を受講していただいた方でしたので、
私が行っている講習会の比較なのですが、

無料講習会はインストラクターの方により、
内容もそれぞれですので、
詳しくは、それぞれのインストラクターの方へご確認下さい。

ご質問の文章にもありましたが、
さとう式リンパケアはとてもオープンな体質です。

佐藤先生が率先して、
理論や技術をオープンにしているので、
私達インストラクターもそれに習って、オープンにしています。

何でそんなことをするの?

企業秘密にしてたほうがいいんじゃない?

と思われるかもしれませんが、
さとう式では、オープンにするやり方を選択しています。

佐藤先生に直接確認したわけではないので、
あくまで想像なのですが、
そのほうがより発展していくし、良いと思っているからだと思います。

「サン・セバスティアン」のようにです。

美食の聖地「サン・セバスティアン」

(↑ネットから拝借してきました)

スペインの「サン・セバスティアン」という街は
美食の街として、世界中から旅行者が集まっています。

この街が何故、美食の街として有名なのか?

どのレストランも大変美味しく、
質の高い料理を提供しているからなのです。

それでは、
どのレストランに入っても、
美味しく、質の高い料理なのか?

それはサン・セバスティアン独自の戦略のおかげです。

その独自の戦略というのが、
レシピをオープンにするというものなのです。

レシピというのは、とても秘匿性が高いものです。

コカ・コーラのレシピは
世界でトップクラスのほんの数名しか知らない
というのはとても有名な話です。

サン・セバスティアンでは、
そんな秘匿性の高いレシピをオープンにすることにより、
街全体のレストランがレベルアップし、

美食の街として、
世界中から人が集まるようになっていったのです。

もしかしたら、
こういう考えがあってのことかもしれませんね。

関連記事

  1. キラパタ体操足バージョンできました。

  2. ハッピーライン(顎のたるみを防ぐセルフケア)

  3. 今日は無料講習会です。

  4. 鷲見先生のインソール理論の動画より

  5. 高知県高知市で開催しました。

  6. チャンネル登録数1,300名、あと200です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。