さとう式リンパケアワンポイントレッスン〜収縮よりも構造のほうが強い〜

こんばんは、鷲見です。

昨日は2つのキーワード
「支持筋は屈筋」
「収縮よりも構造のほうが強い」
をご紹介しました。

今日はこの2つのキーワードを
もう少し動画で解説します。

昨日ご紹介したこちらの写真ですが、

ネットから拝借しました。

女性や子供が水を運んでいる写真です。

これが男性であっても、
手で持って、引っ張りながらでは
重すぎて、とても運べないです。

では、女性や子供が
重すぎる水を何故運べるのか?

それは、水を頭の上に載せているからです。

頭に載せることで、
身体全体が筒の構造になり、

筒の構造で、
水の重さに対して抵抗しているから、
運ぶことが出来るのです。

動画のゴミ箱も全く同じで、

筒の構造で私の体重に抵抗しているから、
ゴミ箱の上に乗れるのです。

私達は、「屈筋」と「伸筋」の筋力
つまり、筋収縮力で力を発揮するのではなく、

ゴミ箱と同様に、
「屈筋」の構造で力を発揮することができれば、
圧倒的なパフォーマンスを発揮することも出来るのです。

楽に立つ、歩く、走ることが出来るようになるし、
腰痛、ひざや股関節の痛みから解放するし、

小柄なおじさんが身体の大きい若者と腕相撲をしても
勝つことが出来るようになります。

本来は(特に日本人は)
これくらいのパフォーマンスを発揮することが
出来るようになっているのです。

ぜひ、「屈筋」の可能性を信じて下さい。

 

追伸

島根県で行われる佐藤青児先生の講演会や講習会が
いよいよ明後日です。

本当に楽しみです。

ぜひ、ご一緒に参加して、「屈筋」を目覚させましょう!

申込みはこちらから

関連記事

  1. 最近のマイブーム? は開脚ではなく筋ゆるだ!|魔法のタッチ さとう式リ…

  2. 「魔法のさすレッチ」前のおすすめケア

  3. ミニ運動会がいいのかも

  4. ここ最近の「腔」の理論について、一挙に紹介

  5. 好きなことをしました

  6. 不眠症におすすめのセルフケア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。