つま先は抵抗形態

こんにちは、鷲見です。

先日の動画
「支持筋は屈筋」
「収縮よりも構造のほうが強い」
はご覧になっていただけたでしょうか?

まだの方はぜひご覧ください。

 

今日もさとう式リンパケアの基本理論
「支持筋は屈筋」
についてご紹介します。

屈筋が構造で支えている

さとう式リンパケアでは、
屈筋が支持して、立っていると考えています。

上のイラストのようにです。

屈筋を使って立つ時に重要なのが
つま先です。

人間の身体は少し前傾になっていて、
前に倒れるようになっています。

だから、前向きに歩いたり、走ったりするほうが
後ろ向きに歩いたり、走ったりするよりも
早く歩けたり、走れたりするのです。

少し前傾で前に倒れてしまう身体を
つま先が抵抗形態となり、
前側から支えることで楽に立つことが出来るのです。

分かりますか?

少し想像してほしいのですが、

スキーを履いていると
前に長いスキー板が抵抗して、
前に倒れることが出来ないですよね。

そのように、身体が前に倒れることの抵抗形態として
つま先が機能すると、楽に立てるようになるのです。

その時、先日の動画で説明したように
足首の筋力で引っ張って倒れないようにするのではなく、
つま先の構造で支えるようにするのが重要です。

つま先を構造で機能させるためには、
母趾屈筋という足裏の筋肉を構造で機能させることが重要です。

屈筋が構造で支えている

このイラストのように
全身でそれをできれば良いのでしょうが、
なかなか難しいので、

まずは、つま先、
そして、母趾屈筋を機能させると良いと思います。

今日のキーワードは
「つま先は抵抗形態」
「母趾屈筋の構造→つま先の構造」
です。

関連記事

  1. さとう式リンパケア講習会

  2. さとう式で肩甲骨周りのコリを解消する方法

  3. 季節の変わり目にも「片手バンザイ筋ゆる」

  4. 昨日の講習会の感想をご紹介します。

  5. 九州応援、チャリティー企画

  6. 来月も新大阪で開催します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。