どこからケアしていくと良いと思いますか?

おはようございます、鷲見です。

昨日から東京に来ています。

出発した際には、久々に天気が良くなったので、
東京でも良い天気だと思っていたのですが、
あいにくの天気。

今日は良くなるかなと思っていたのですが、
そうでもなさそうです。

まあ、室内だから関係なさそうなものですが、
天気が良いほうが気分も晴れやかになります。

何だか不思議ですよね。

 

昨日は無料講習会だけ行ったのですが、
受講済みの方とその娘さんが参加されていました。

お母さんがお友達から体験し、
講座も受講することで、

これは良いものだ♪
是非、娘にも知って欲しい!

ということで、ご一緒の参加でした。

お話を聞いていくと、
まず、顎関節症の症状、があるということで、
どんな状態か聞くと、

大きな口を開けると「痛い!」

  • アゴが開きにくい
  • アゴを開けると痛い
  • 今はしなくなったが、音がしていた

という具合に、
顎関節症の症状のフルコースでした。

他にも、
鼠径部に痛みがあり、
手で足を動かさないと、自分で足を動かすこともできない。

ということで、
デモをしつつ、手技の確認をしたのですが、

こんな時、どこからケアしていくと良いと思いますか?

 

私の答えは、「アゴ」からです。

昨日の無料講習会でも
「耳たぶ回し」から行っていきました。

普段、「さとう式リンパケア」について学んでいるので、
ものすごく簡単な質問だったと思います。

しかも今回は、
「顎関節症」というわかりやすい症状があるので、
ほんとうに簡単な質問だったと思います。

結果としては、
ビックリしながら、とても喜んでいただけました。

 

今回のケースに限らず、

どこからしていくと良いの?

と思う場合があると思います。

そんな場合はとりあえず、
「アゴ」から、つまり「耳たぶ回し」からケアしていくと、
良いと思いますよ。

昨日のように、
痛みや不調が出てる場合もそうですし、

痛みや不調が出ていない、
普段のケアでも同様で、

どこからしていくと良いの?

と思ったら、
「アゴ」から、つまり「耳たぶ回し」からケアしていくと、
良いと思います。

 

ただ、ひとつ問題があります。

それは「耳たぶ回し」って、
意外と難しいんですよね。

講座などで、沢山の方にお会いして、
「耳たぶ回し」を見てきましたが、
ほとんどの方ができていませんでした。

順番や方法は正しいのですが、
力加減や動かし方などが難しいです。

なかなか今までの常識から抜け出せないので、
どうしても強くなったり、大きくなったり、
という具合になってしまいます。

なので、正直に言えば、
「耳たぶ回し」は
インストラクターの方から指導してもらったほうが良いと思います。

毎日開催していますので、
指導してほしいという方は、こちらからチェックして下さい。

参加するまでは、
簡単バージョンをやってみて下さい。

関連記事

  1. さとう式リンパケア 3つの基本

  2. YouTubeのチャンネル登録数600突破!

  3. Facebookページの「いいね!」が600突破!

  4. 今日のお知らせは「インストラクターの方向け」です

  5. 急遽、写真撮影会に変更しました。

  6. 鼻の形だけでなく、鼻の穴の形や大きさでも印象が変わります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。