肩甲骨が下がりません。。。

おはようございます、鷲見です。

今日はご質問をいただきましたので、
そちらにお答えしたいと思います。

頂いたご質問はこちら

はじめまして!
最近、先生の動画に出会って毎日見ながら実践させて頂いていますが、効果を実感できて楽しいです?
ダンスを始めたのですが、先生から背中が丸い、胸はってと良く注意されます(>_<)
肩甲骨がおりなくて苦労しています。
それから、胸の中心を前後に出すことも苦手です。
その辺りが改善されるようなセルフケアーを教えて頂けないでしょうか?
また、腰周りが硬いのかシェー体操もなかなか上手く足を回せません。
よろしくお願いしますm(__)m

動画はこちらです。

今回お伝えしているセルフケアは
「キラパタ体操」と「肩甲骨はがし」です。

あと、「シェー体操」について少しアドバイス。

これって、ちょっと気になってたという方は、
ぜひ動画をご覧ください。

動画ではいっていませんが、

さとう式リンパケアでは、
背中が丸いことが悪い姿勢というわけではないですし、
胸を張ることが良い姿勢というわけではありません。

さとう式リンパケアの良い姿勢というのは、
機能的であることです。

良い姿勢には2つのポイントがあります。

・腔が整っていること
・舌位が高いこと

腔が広がり、整っている状態は
腔の機能が高い状態です。

この状態が良い姿勢であって、
見た目がよく見えるのを良い姿勢とは考えていません。

肩甲骨を寄せ、胸を張っていては、
胸腔の後ろ部分が潰れてしまい、
胸腔の機能(心肺機能)が低下してしまいます。

実際にやっていただくと体験できますが、
肩甲骨を寄せ、胸を張ると、
呼吸がとてもしにくくなります。

肩甲骨を離し、胸腔を広げ、整えると、
呼吸がとてもしやすく、深く呼吸できるようになります。

動画のセルフケアを
実際にやっていただくと、
肩甲骨を離し、胸腔を広げ、整えることができます。

気になる方は、是非やっていただきたいと思います。

もう一つの舌位についてですが、
もうそろそろ練習会の時間になってきましたので、
また次回に。

それでは。

関連記事

  1. 3月のセミナー情報。

  2. 動画投稿数が200になりました!

  3. 立ったままシェー体操

  4. メールを頂くのって、嬉しいです。

  5. 空は振動している

  6. 現在のさとう式リンパケア講習会(7月開催分)の予定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。