良い姿勢のポイント

おはようございます、鷲見です。

昨日、ご質問についての動画を作成し、
そこから、姿勢についてご紹介させて頂きました。

今日はその続き、
「良い姿勢のポイント」についてご紹介します。

良い姿勢のポイントとは?

良い姿勢とはどういう姿勢でしょうか?

見た目が良い状態、
例えば、モデルの方のような立ち方が
良い姿勢でしょうか?

さとう式リンパケアでは、
良い姿勢とは、機能的であること、と考えています。

見た目が良くても、

呼吸がしにくい、心臓や内臓が機能し難ければ、

立ちにくい、歩きにくい、
パフォーマンスを発揮し難ければ、

良くないですよね。

身体に良くない状態では、
良い姿勢とは言えないです。

そうではなく、
呼吸がし易い、心臓や内装が機能しやすい、

楽に立てる、
パフォーマンスを発揮できる、

こっちのほうが良いですよね。

身体に良い状態が、
良い姿勢と考えているということです。

機能的であることのポイントは、

・腔が整っていること
・舌位が高いこと

セルフケアをすることで、腔が整っていきます。

腔には、口腔・胸腔・腹腔があり、
それぞれを整えるセルフケアがあります。

気になる方は、動画を参考にして下さい。

口腔を整えるセルフケア

胸腔を整えるセルフケア

腹腔を整えるセルフケア

もう一つのポイントの「舌位が高いこと」

セルフケアと立ち方で舌位が高くなってきます。

 

関連記事

  1. 股関節の硬さのケア

  2. 肩こりを予防する座り方

  3. 深めたい。知りたい。体験していきたい。

  4. 急遽、「さとう式リンパケア」講習会開催。

  5. お出かけの時、楽にできるセルフケア

  6. 2017年あけましておめでとうございます。〜呼吸しやすくなる歩き方〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。