30〜70代女性のお悩みランキング③ 「太り気味」

おはようございます、鷲見です。

一昨日からご紹介しております
「30〜70代女性のお悩みランキング」

今日もランキング内のお悩みに合わせたセルフケア
などをご紹介したいと思います。

トップ10は、

  • 第 1位 肩凝り・腰痛がある(21.0%)
  • 第2位 太り気味(17.8%)
  • 第3位 視力の衰え・目がかすむ(14.9%)
  • 第4位 なかなか疲れが抜けない(14.5%)
  • 第5位 基礎代謝・新陳代謝が悪い(13.6%)
  • 第6位 内臓・皮下脂肪が多い(12.5%)
  • 第7位 便秘ぎみ(10.3%)
  • 第8位 足がむくむ(9.3%)
  • 第9位 頭痛がよくある(9.2%)
  • 第10位 寝つきが悪い・不眠ぎみ(8.8%)

今日は第2位の「太り気味」についてご紹介します。

 

太り気味?

って、「太り気味」ですか、

気味、

、、、

気味、

、、、

ってどういう定義なんでしょうか?

決して「太ってる」ではなくて、
「太り気味」ということなんでしょう。

見た目のこと?

もしかしたら、
体重?

でも、体重なんだとしても、
5㌔、10㌔ということではなく、

気味なので、
1㌔、2㌔くらいのことなんでしょうね。

「太り気味」
というのが正確にどんな状態かわからないので、
今日ご紹介するのは、

・スタイルが気になっている
・体重が1・2㌔多いと気にしている

という女性ということにしました。

 

解決策はとても簡単です。

こういう女性にこそ、
「さとう式リンパケア」をしていただければ良いと思います。

ただ、注意していただきたい点が、
さとう式リンパケアでは「痩せたい」ではなく、
「スタイルアップ」です。

自分のマイナス部分に焦点を当てるのではなく、
自分の理想、プラス部分に焦点を当てるのです。

マイナス部分から逃れようとしても、
逃れられなかったり、大きな犠牲を払ったりと、
あまり良いとは思いません。

「痩せる」とず〜っと続けていくと、
毎月2キロずつ減り続けていくと、
1年で24キロも減ってしまいます。

2年で28㌔、3年で72㌔。

普通の体型の女性だったら、
死んでしまいます。

ずっと続かないもの、
続けれないものを求めてもダメだと思います。

そもそも痩せるためだけに死んじゃ駄目です。

 

先程、定義した女性像

・スタイルが気になっている
・体重が1・2㌔多いと気にしている

マイナス部分から逃れたいという気持ちから考えれば、
「痩せたい」ですが、

プラス部分に焦点を当てれば、
「綺麗になりたい」「スタイルアップしたい」
「モテモテになりたい」

このプラスの部分に焦点を当て、
ちょっと数字で表しづらいですが、

毎月、どんどんキレイになり、どんどんスタイルアップし、
どんどんモテていく、のは良いと思います。

そんな素敵な女性になれば、
女性自身も喜びますし、
パートナーの男性もとても喜んでくれます。

 

マイナス部分に焦点を当てるのか?
プラス部分に焦点を当てるか?

私はプラスのほうが良いと思っていますので、
ぜひ、プラス部分に焦点を当てながら、
下で紹介するセルフケアを続けて下さい。

 

今回は全身のケアです。

スタイル抜群で、モテモテで、
素敵な女性になって欲しいので、
ぜひ、流れでやってみて下さい。

ただ、無理して、ストレスを感じながらだと、
キレイで、スタイル抜群で、モテモテ
からは離れていってしまうので、

ご自分が楽しいと思えるように
種類やセット数を増やしたり、減らしたりして、
楽しみながらしてみて下さい。

では、きれいになったあなたにお会い出来るのを楽しみにしております。

関連記事

  1. フェイスブラシでするリフトアップ

  2. 有難うございます。東京での練習会が満席になりました。なので、増席します…

  3. 田んぼ理論〜血行不良ではなく、間質リンパの循環障害〜

  4. 質問のメッセージを頂きました。

  5. 昨日は「大阪9期インストラクター養成講座」でした。

  6. アゴをゆるめる動作

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。