30〜70代女性のお悩みランキング⑥ 「基礎代謝・新陳代謝が悪い」

こんばんは、鷲見です。

今日も「30〜70代女性のお悩みランキング」
についてセルフケアなどご紹介したいと思います。

トップ10は、こちらです。

  • 第 1位 肩凝り・腰痛がある(21.0%)
  • 第2位 太り気味(17.8%)
  • 第3位 視力の衰え・目がかすむ(14.9%)
  • 第4位 なかなか疲れが抜けない(14.5%)
  • 第5位 基礎代謝・新陳代謝が悪い(13.6%)
  • 第6位 内臓・皮下脂肪が多い(12.5%)
  • 第7位 便秘ぎみ(10.3%)
  • 第8位 足がむくむ(9.3%)
  • 第9位 頭痛がよくある(9.2%)
  • 第10位 寝つきが悪い・不眠ぎみ(8.8%)

今日は
第5位の「基礎代謝・新陳代謝が悪い」についてです。

基礎代謝が悪いと、、、

こちらのお悩みでは、同じように書いていますが、
基礎代謝と新陳代謝は違うものです。

ウィキペディアからですが、
基礎代謝は

基礎代謝(きそたいしゃ)とは、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのこと。 相当するエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、一日に女性で約1,200、男性で約1,500キロカロリー(kcal)とされている。

新陳代謝は、

新陳代謝(しんちんたいしゃ)とは、古いものが新しいものに次々と入れ替わることを言う。 特に、健康法や美容法において「細胞の新陳代謝」などという使われ方をするが、これはしばしば生化学における代謝の意味ではなく、細胞自体の入れ替わりを意味する表現である。 そして、新陳代謝は、生命維持に不可欠なものである。

ということです。

ですので、
基礎代謝が気になる方は、
体重について気になる点があるのだと思いますし、

新陳代謝が気になる方は、
傷の治りが遅いとか、肌の状態が良くないというところかな、
と思います。

基礎代謝、そして、新陳代謝に関係あることなので、
少し体液循環についてご紹介します。

血の巡りは血流

体液循環といえば、
大変多くの方が血流をイメージされると思いますが、
それだけではないです。

血管内の血流と血管外のリンパ間質液の循環、
そして、リンパ管内の管内リンパの循環
とがあります。

心臓の働きで、
全身の血管内を血液が循環しています。

毛細血管の部分で、
血漿成分が血管外にでていきます。

その時に、
「酸素」と「栄養素」が血漿成分と一緒に
血管外にでていきます。

血管外のリンパ間質液は、
筋肉のポンプ機能で循環しています。

リンパ間質液が循環することで、
細胞に「酸素」と「栄養素」が届き、
熱とエネルギーを産生します。

あとは、エネルギー産生のゴミとして、
「老廃物」が発生します。

その発生した「老廃物」は
毛細血管とリンパ管へ排出されます。

管内リンパの流れは
筋肉の働きで流れています。

リンパ管に回収された「老廃物」は
何箇所かある、処理場のリンパ節で処理され、
静脈へと流れていきます。

その後、「老廃物」は
血流で腎臓や肝臓で解毒され、
体外へ排出します。

おおまかな体液循環について
説明しましたが、

血液、血液内の血漿、リンパ間質液、管内リンパ
という具合に、いろいろな部分へ巡り、
循環しています。

基礎代謝は、
細胞がエネルギーを産生することで、
リンパ間質液の循環の部分で起こっています。

基礎代謝をアップするには、
リンパ間質液の循環をアップすれば良いのです。

リンパ間質液の循環は
筋肉のポンプ機能で起こっていますので、

筋肉をゆるめ、筋肉のポンプ機能がアップすると、
リンパ間質液の循環がアップします。

そして、新陳代謝も同様で、
各細胞に届いた「栄養」を材料にして、
新しい細胞を新生し、入れ替わりを行っています。

栄養が届き、ゴミとなった古い細胞を排出するには、
リンパ間質液の循環をアップすれば良いのです。

ちなみに、ゴミとなった古い細胞は、
リンパ管へ排出されます。

ただ、体液循環は、全体の流れがあることで循環しているので、
血液や管内リンパも全く無関係ということはないです。

筋肉をゆるめ、
基礎代謝、新陳代謝をアップするセルフケアです。

上半身のセルフケアは「片手バンザイ」

下半身のセルフケアは「シェー体操」

がおすすめです。

ぜひ、やってみて下さい。

関連記事

  1. 島根県松江市でセミナーを追加します。

  2. 昨日は「大阪12期インストラクター養成講座」の見学でした。

  3. モデルデビューしませんか?

  4. 自分を好きになる 鷲見先生のセルフケア教室

  5. シワ・たるみにおすすめのセルフケア

  6. 増税前、最後のご案内

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。