舌位が下がっちゃう

おはようございます、鷲見です。

今日はご質問をいただきましたので、
そちらにお答えする動画を作成しました。

頂いたご質問はこちら

舌位が下がる
これも、何十年も舌に歯型がつくのが気になっていてリンパケアを知ってやっと治るかもと期待しています
毎朝、耳たふ回しとキラパタ、フェイシャルをしてしばらくは舌位は上がっていますがすく落ちます(>_<)
姿勢も気をつけているのですが~

あと、目を閉じるときにまぶたを押し付ける癖があって寝るときや熱中せていると気付くと舌が上顎を押して口内がせまくなっています
何かアドバイス頂けると嬉しいです

それでは、回答動画はこちらです。

今回のご質問は「舌位」についてです。

「舌」が機能するためには、
「舌位」がとても大切です。

そして、「口腔」が機能するためには、
「舌」が機能していることが、とても大切です。

ですので、
「口腔」の機能と「舌位」というのは、
とても関係があり、

なおかつ、とても大切です。

さとう式リンパケアの初級講座の内容は、
(他にもセルフケアなどもあります)

口腔機能の機能改善が目的であって、
小顔やリフトアップ、シワ・シミの改善などの
美容面の効果はオマケです。

ただ、全く求めていないか?
と言えば、

そんなこともなく、

機能を発揮できる形というのは美しい

という「機能美」を求めています。

口腔の機能というのは、
①消化機能(咀嚼・嚥下)
②呼吸機能
③筋機能
④免疫機能
⑤言語脳機能
という5つの機能が備わっています。

この5つの機能は、

口腔という腔が広がって整っていること

これは、環境作り、環境を整えています。
場を整える、ということですね。

そして、舌がしっかりと動けること

この2つが揃っていることが
とても大切です。

会社で例えるなら、

会社の環境やシステムが整っていないと、
社員がいくら働いても、
経営はうまくいかないし、

かと言って、

会社の環境が整っていても、
社員が働かなければ、
経営はうまくいかないです。

会社の環境と社員の労働

この両輪が揃うことで、
しっかりと経営ができていきます。

そして、業績アップしていくなら、

会社の環境をどんどん整えていき、
社員がもっと働きやすいようにしていけば、
自然と経営状態もアップしていきます。

口腔機能も同様で、

耳たぶ回しやリフトアップで
口腔を整えていき、

屈筋を使った立ち方、歩き方なので、
舌が動きやすいようにしていくと、

勝手に、機能アップしていくようになります。

アップさせようとするのではなくて、
アップしていくようにするのがいいと思います。

 

追伸

話は変わりますが、
今度の土曜日、「開脚セミナー」を開催します。

9月30日(土)

午前の部
9:00〜10:00 無料講習会
10:00〜11:30 魔法のさすレッチ「開脚セミナー」

午後の部
13:00〜14:00 無料講習会
14:00〜15:30 魔法のさすレッチ「開脚セミナー」

関連記事

  1. 明日はいよいよ「MRTマスター養成講座」スタートです。

  2. 腕の動きのセルフケア

  3. はらはら、不安な時のケア

  4. 以前はマッサージをしていた!

  5. Facebookで不明なログイン

  6. あご揺らしの解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。