首が痛い時の原因って、首じゃないですよ。

こんにちは、鷲見です。

ここ数日、トラブルがあり、
とてもバタバタと過ごしていましたが、
そろそろ落ち着きそうです。

急なトラブルがあると、

首がこった。。。
首が痛い。。。

肩がこった。。。
肩が痛い。。。

ということがあると思います。

急な「首こり」「肩こり」
この原因は、

これって、
咀嚼筋の過緊張、収縮が原因です。

例えば、
寝違い

寝てる時に、何かの拍子で、
首の筋肉を痛めた、って思うかもしれませんが、

実はそうではないんです。

寝てるだけで、
首の筋肉を痛めることなんてありませんよ。

誰かに蹴られたり、
ベッドから頭から落ちてしまった、
というなら話が別ですが、

ただ寝てるだけで、
首の筋肉を痛める、なんてことないですよね?

首の筋肉を痛めたのではなく、
首の筋肉が引っ張られ緊張しているので、
痛いのです。

では、首の筋肉を引っ張っているのは何か?

それは顎の筋肉、咀嚼筋です。

食いしばりって聞いたことありますよね?

ギュー!っと食いしばってしまうことですが、
寝てる間にも、食いしばってしまう人がいます。

あなたの周りにも寝てる時に、
「バリバリッ!バリバリッ!」って、
ものすごい音で、歯ぎしりしてる人いませんか?

歯ぎしりしてる人も咀嚼筋が過緊張しています。

歯ぎしりも咀嚼筋の緊張です。

寝ている時に、咀嚼筋が過緊張し、
背中や首の筋肉を急激に引っ張ってしまうと、
翌朝、寝違いになってしまいます。

ケア方法としては、
普段から「耳たぶ回し」や「片手バンザイ」のケアをして、

咀嚼筋が過緊張しないようにするのが良いのですが、

急になってしまうから、皆さん困ってしまうのです。

急な寝違いには、
「口腔内カウンターストレイン」が良いです。

口の中から咀嚼筋に触れ、
ゆるめていくケア方法ですが、
とても効果的で、

ものすごく驚く方が大勢いらっしゃいます。

寝違い以外にも、
交通事故などのムチウチなどにも効果的です。

交通事故など、強い衝撃の時には、
その強い衝撃で、首の筋肉がいたんでいる場合もありますが、
咀嚼筋も強い過緊張をしています。

交通事故をしてから、何年も経ってるけど、
調子が悪いという方は、
咀嚼筋が緊張しっぱなしになっています。

調子が悪いのは、その過緊張が原因で、
首の筋肉自体の問題でないことが多いです。

そういう方にも
「口腔内カウンターストレイン」は有効です。

寝違いやムチウチでお困りの方は、
一度試してみると良いと思います。

ただ、動画でやり方のご紹介をしますが、
見た目ではなかなか場所等が分かりづらいと思います。

しっかりと学びたい方は、
インストラクターの指導の元、
していただくのが良いと思います。

興味のある方はこちらからチェックしてみて下さい。

全国のインストラクターの講座予定

動画はこちらです。

 

追伸

来週から1週間、東京で講座の予定です。

私、鷲見からいろいろ聞きたい方は、
こちらから講座予定をチェックしてみて下さい。

鷲見の講座予定

講座リクエストも受け付けますので、お気軽にご相談下さい。

関連記事

  1. 九州応援、チャリティー企画

  2. セルフケアはいつ、どれくらいするの?

  3. 岡山でセミナー、練習会開催します

  4. 更年期障害におすすめのセルフケア

  5. 片手バンザイのコツ

  6. 今日は動画Day

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。