開脚しようとすると開脚できない

こんばんは、鷲見です。

今日は「開脚しようとすると開脚できない」
の動画を作成しました。

以前の開脚の動画のときにも言っていましたが、

決して無理をしないで下さい。

可動域以上に足を開かないようにして下さい。

開脚できないようになるだけではなく、
少なからず、筋膜を壊してしまうので、
体を痛めたり、壊してしまう危険性があります。

スクラップ・アンド・ビルド
破壊と再生

ということを意識して行っているのであれば、
ストレッチはとてもおすすめの方法です。

ただ、ストレッチ後にはゆるめるのがよりおすすめです。

再生だけでなく、
ゆるんだ筋肉、より良い状態の筋肉への再生、
つまり、新生するようになります。

しかし、筋肉の新生や再生を意識していないのであれば、
そして、痛いのは嫌!という方は、
ストレッチではなく、

筋肉をゆるめるのがおすすめの方法です。

こちらの動画のように、
「耳たぶ回し」で筋肉をゆるめるだけで
開脚しやすい体になっていきます。

開脚する目的によって方法が違ってくると思います。

ストレッチでも、筋肉をゆるめるでも、
どちらでもお好きな方法をお選び下さい。

それでは。

関連記事

  1. 第4回症例発表会

  2. 内藤リゾートで鷲見先生。

  3. 8月の追加講座情報(島根県松江市、香川県高松市)

  4. みぞおち体操の解説

  5. ヘバーデン結節のケア方法の提案

  6. 熊本地震義援金のご報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。