空手の稽古〜足の太さとさとう式〜

おはようございます、鷲見です。

今日もご質問をいただきましたので、
そちらにお答えする動画を作成しました。

頂いたご質問はこちらです。

題名: 空手による足の太さとさとう式のケア

メッセージ本文:
はじめまして。
さとう式リンパケアを、本や単発の講習をとおして細々と続けている者です。
「空手 さとう式」というキーワードでこちらのサイトにたどり着きました。

1年ほどまえに、前から興味のあった空手(伝統派、松濤館流)を始め、今とても楽しいです。
しかし、じわじわと太ももやふくらはぎ、足首ががっしり太くなってきている気がします。
色々なサイトを見てみると、下に重心を落とすスポーツなので太くなる、という情報がたくさんあり、
たしかに同じ道場の熟練者たちのうち、特に女性は足ががっしりしています(男性は細くしなやかな方と、がっしり筋肉タイプと2タイプです)。

空手は続けるつもりですが、上達するには、足全体が太くなっていくことは受け入れないといけないでしょうか。
もし、さとう式のケアで回避できるなら積極的にケアをしたいと思っています。
二兎を追う感じでよくばりなのは分かっているのですが、もしお分かりになりましたら教えて頂きたいです。

尚、私はもともとは割とほそみと言われ、足も太からず、といった感じでした。
空手を始めるまで、特別な運動はしていませんでしたが、ジムに行ったり、自分でさとう式を実践したりはしていました。

宜しくお願いいたします。

今日は質問の内容から

さとう式リンパケアインストラクターとしての立場と

松濤館とは流派は違いますが、
20年空手をやっているものとしての立場の

両方の立場からお話させて頂きました。

該当する方は、かなり少ないでしょうが、
気になる方は、ぜひご覧ください。

私が個人的に思っていることなのですが、

理想とする形や動き方は、

さとう式のケアをして、身体を整え、
さとう式の屈筋理論を理解して、
その理論の通り、身体を動かすと、

圧倒的に早く、
そして、簡単にできるようになると思います。

ただ、一度ケアしたその瞬間に、
一度聞いたその瞬間に、
理想とする形や動きができるようになるか?

と言われれば、
かなり難しいと思っています。

やはり、毎日毎日、身体のケアをすることで、
どんどん身体は整っていきますし、

毎日毎日、動き方を練習していくことで、
どんどん動けるようになっていく、

ということを繰り返すことで、
どんどん良くなっていくというものであって、

やったその場で
もう完璧! パーフェクト!
というものではないのかなと思っています。

空手の稽古もさとう式も繰り返すことで、
どんどん上達していくのがいいんじゃないかな〜

と個人的には思っています。

ただ、瞬間に
ものすごく上達するヒントやひらめき、きっかけはあるので、
そこは見逃さないようにしましょうね。

関連記事

  1. セルフケア講座開催します。

  2. 筋トレと筋ゆるの違い

  3. 身体操作の座り方

  4. 高知県高知市で開催しました。

  5. 子宮筋腫でお悩みの方のご質問

  6. 舌位ってなんですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。