腔の哲学

こんにちは、鷲見です。

今日は「腔の哲学」という動画を作成しました。

さとう式リンパケアには、
「身体は腔で構成されている」
という基本の理論があります。

さとう式では、「腔」ですが、
腔は空です。

つまり、空っぽの状態です。

しかし、何もないわけではなく、
スペースがあり、
形のないもの、つまり、「空」があります。

 

カタカムナとは、

カタ=形のあるもの、物質
カム=形のないもの、エネルギー
ナ=統合

形あるものと形ないものが統合されたもの

 

色即是空 空即是色とは、

色=形のあるもの、物質
空=形のないもの、エネルギー

簡単に直訳すると

形あるものは形のないものであるし、
形のないものは形のあるものである。

ということになります。

 

腔もカタや色のような形のあるものと
カムや空のような形のないもので構成されています。

口腔、胸腔、腹腔の器や中身は
形あるものでできているし、

口腔、胸腔、腹腔のスペースは
形のないものでできているし、

口腔、胸腔、腹腔のエネルギーは
形のないものです。

 

空は潰れたり、広がったりします。

スペースは潰れて狭くなるより
広いほうが良いです。

エネルギーも潰れて小さくなるより
大きい方が良いです。

どのようなことで潰れてしまうのか?
どのようなことで広がっていくのか?

 

「さとう式リンパケア」では、
筋肉をゆるめ、腔を広げ、整えています。

ですので、空が広がっていき、
私よりお姉様なのですが、
活動的で元気なインストラクターの方が多いんですね。

関連記事

  1. なかなかいいづらいお悩み「尿漏れ」

  2. 筋肉をゆるめて開脚しやすくなる講座 第4回「耳たぶ回しでゆるめる」

  3. 基本のセルフケア「シェー体操」の説明

  4. 酸化について

  5. コメントありがとうございます。

  6. ゆるふにゃ式?いえいえ、さとう式です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。