痛みは悩みの本質ではない

おはようございます、鷲見です。

今日は「痛みは悩みの本質ではない」という動画を作成しました。

さとう式リンパケアでは、
「痛みは取っちゃダメ!」と言っています。

痛みは問題を教えてくれる信号であって、
そもそも問題ではないですし、
信号がなくなってしまうことが問題になります。

痛みは感覚なので、
感覚がなくなってしまうことが問題です。

ただ、痛みはやはり辛いので、
取ってしまいたいと思う気持は良くわかります。

でも、痛みだけ取ってしまっても、
すぐに痛みは出て来るし、
前よりも強い痛みになってでてきます。

痛みを取ってしまいたい!

という気持ちをぐっとこらえて、
痛みを取るのではなく、
痛みは取れるもの

と考えると、
どんどん痛みが出てこなくなります。

そこになる問題
筋肉の緊張、膜組織の伸展、体液循環障害
空が潰れてしまっている

これらが解決していくと、
信号がそのままで、
痛みが出てこなくなります。

感覚はそのままで、
痛みが出てこなくなります。

そのほうが良いですよね。

筋肉をゆるめ、膜組織の伸展を開放し、
体液循環をよりダイナミックに
そして、空が広がっていく

痛みはとても辛いですが、
痛みに注目するのではなく、そこにある問題、

そして、本質に注目するのはいかがでしょうか?

関連記事

  1. どうすればいいの?〜盛り上がった口角下制筋〜

  2. ブーッチブー!ブーッチブー!

  3. 「時間と場所にとらわれない」っていうのもいいですよ。

  4. 体温の変化の検証

  5. 骨盤立たせ

  6. 来週の岡山での無料講習会、残り僅かです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。