開脚に「痛み」は不要です。

こんにちは、鷲見です。

今日は「開脚に痛みは不要です」
という動画を作成しました。

タイトルの通り、
開脚するのに、「痛み」は不要です。

むしろ、ない方が良いです。

痛いということは
どこかが壊れている、
もしくは、壊れてしまうかもしれない、のです。

壊れているのは、
伸展させられている筋膜などの膜組織です。

ものの特徴として、
圧縮には強いですが、
伸展にはものすごく弱いです。

ティッシュを机にいくら押し付けても
破けることはないですが、

↑これが圧縮で、

ほんの軽い力で引っ張ると破けてしまいます。

↑これが伸展です。

 

筋肉を破壊することに何の意味もありません。

(もちろん、一部のアスリートの方などは除きますよ。)

破壊された筋肉はより硬い状態で再生されてしまい、
前よりも開脚しづらい体になってしまうのです。

そうならないように、
筋肉を連動させながら、ゆるめていくことで、
開脚しやすくなっていきます。

開脚できることよりも
開脚できる身体になっていくことが重要だと考えています。

 

開脚しやすい体になるメルマガ講座をやっています。

具体的な開脚しやすくなる方法は知りたい方は
こちらから登録してください。

 

筋肉をゆるめて開脚しやすくなる講座
は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 受信端末

 







グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

関連記事

  1. 内藤リゾートで鷲見先生。

  2. 肩がこる仕組み

  3. MRTマスター養成講座最終日

  4. シェー体操と同じような効果のセルフケア

  5. MRTマスター養成講座二日目

  6. 2泊3日の旅

コメント

  1. Super!

  1. この記事へのトラックバックはありません。