食事の時の姿勢についてのご質問

おはようございます、鷲見です。

今日もご質問をいただきましたので、
そちらにお答えする動画です。

頂いたご質問はこちら

題名: 食事の姿勢について

メッセージ本文:
いつも動画を参考にさせて頂いております。
youtubeは簡単に検索できるので、非常に重宝しております。

さっそく質問なのですが、姿勢についてです。
椅子に座った状態や立ち方についての動画は多くありますが、私が気になるのは食事の姿勢についてです。

私は自宅で食事をする際にコタツを多く利用します。

「腔」を潰さない座り方~床バージョン~
にて座り方はわかったのですが、それに合わせる机(ちゃぶ台など)の高さはどれくらいが理想なのでしょうか?

現状ではどうも肩が少しすくんでしまいます。
やはり食事は椅子に座った状態のほうが好ましいのでしょうか?

ご指導頂ければ幸いです。

それでは、回答動画です。

今日のご質問の内容って、
とても大切なことです。

食事の時の姿勢って、

礼儀作法として、
「良い姿勢で食べましょう」と、
背筋を張ることが多いと思います。

しかし、背筋を張っていては、
伸筋優位になってしまい、

舌が機能しにくいので、
本当に意味では良い姿勢ではないと思います。

伸筋優位と屈筋優位の違い

さとう式リンパケアでは、

良い姿勢とは
屈筋で支持し、腔が広がり整っていて、
機能しやすい状態のことを言います。

機能というのは、口腔で言えば、
「消化」「呼吸」「免疫」「言語」「筋機能」です。

口腔の消化は「咀嚼」と「嚥下」です。

腔が広がり、舌が機能しやすい状態、
つまり、「咀嚼」と「嚥下」がしやすい状態で、
食事をするのは、とても良いです。

今回のご質問はとても良いご質問ですね〜。

関連記事

  1. 腕の動きのセルフケア

  2. 「いいね!」で肩こりケア

  3. 進化は〇〇から始まった。

  4. 今日から一泊二日の大阪遠征です。

  5. 過敏性大腸症候群におすすめのセルフケア

  6. つま先トントンでダイエット?

コメント

    • 米村文宏
    • 2018年 2月 21日

    ご回答ありがとうございました。
    なるほど、舌位の状態ですね。
    自分の状態の参考にしたいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。