「巻き爪が痛い。。。」

おはようございます、鷲見です。

今日は「巻き爪」についてです。

巻き爪についてご紹介する前に、
なぜ、巻き爪になるのか?
についてご説明します。

そもそも爪とは、
指先に当たる力を
爪で止める役割があります。

手の指であれば、
当たる力を爪が止めることで、
微妙な感覚を感じています。

爪がないと、触れる感覚も鈍ってしまいます。

そして、足の特に親指は、
全身の荷重という、
ものすごく強い力がかかりますので、

親指の爪が広がってしまわないように
自然に内に巻くようになっています。

足の親指が本来の役割、
つまり指の裏がしっかりと地面についていれば、
自然な爪の形になりますが、

指の裏がついていないと、
爪の内側に巻いていく力だけがかかってしまい、

巻き爪になってしまいます。

ですので、巻き爪の時におすすめする方法は、
趾の筋肉をゆるめ、使えるようになる「足指ワイワイ」がオススメです。

そして、もう一つオススメなのは、
インソールです。

一般のインソールではなく、
さとう式のインソールです。

ネットショップやインストラクターから購入できますし、
他にも、フレクサーゾーリもおすすめです。

あとは、インソール基本講座で、
ご自分の体にあった
インソールの作り方を学ぶのも良いと思います。

ご自分の都合に合わせて方法を選ぶと良いと思います。

それでは。

関連記事

  1. 20グラム以下の圧力の秘密

  2. 足の内側を鍛えるのはシェー体操?

  3. ストレッチの誤解〜何故、ストレッチをしてはいけないのか?〜

  4. バタフライ・エフェクト

  5. 屈筋理論、何が違うの?

  6. 新大阪で「さとう式リンパケア・MRT講習会」でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。