ハイヒールを履きこなす

おはようございます、鷲見です。

今日は「ハイヒールの履きこなし方」についてです。

ハイヒールは履きづらいもの、
履くと体が崩れてしまう、
無理をして履くもの、

というふうに思っている方が多いですが、
実は、とても機能的です。

さとう式の屈筋を使った立ち方をする時に、
最重要視するのが「母趾球」です。

母趾球にしっかりと荷重がかかることにより、
母趾屈筋に縦方向の荷重がかかり、
筒状の構造体になり、拡張方向へ力を発揮できるようになります。

ハイヒールはかかとが浮いているので、
母趾球に荷重がかかると、
母趾屈筋へ縦方向の荷重がかかりやすい構造になっています。

ですので、ハイヒールを履きこなすには、
母趾球荷重を意識することです。

ただ、注意してください。

重心ではなく、荷重です。
つま先重心ではなく、母趾球荷重です。

そして、理想を言えば、
インソールなどの抵抗形態があることで、
母趾球が滑らず、

母趾球にしっかりと荷重がかかるようになります。

ハイヒールを履きこなせるインソールに興味があるようでしたら、
インソール基本講座がありますので、
こちらからチェックしてみてください。
https://www.lymphcare.org/event-schedule.php?exec=search&all=&search_area=&search_instructor=&pageNo=1&search_todou=0&search_event_type=28&search_dt_from=&search_dt_to=&search_keyword=

全国で開催しています。
あなたにお住まいのところでもやっていると思いますよ。

それでは。

追伸

いよいよ明日です。

6月11日(月)13:00〜16:00
「シワ・たるみ解消!フェイシャルセルフケア講座」
https://peraichi.com/landing_pages/view/6pomn

お顔のお悩みやトラブルに特化したセルフケア講座です。

関連記事

  1. 来月の新大阪の予定変更しました。

  2. 時々、微熱が出てしまいます。。。

  3. 自家中毒(周期性嘔吐症)について

  4. インソール使用後の感想を頂きました。

  5. 開脚に「痛み」は不要です。

  6. 「時間と場所にとらわれない」っていうのもいいですよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。