身体操作の座り方

おはようございます、鷲見です。

今、新潟に来ています。

昨日、こちらで「身体操作講座」を開催しましたし、
明日、東京でも「身体操作講座」を開催します。

そこで、身体操作講座の中でしております
「座り方」をご紹介します。

この座り方をするだけで、
屈筋の連動が取れるようになりますので、

舌位が上がり、
体液循環が良くなり、
足のむくみが良くなり、
食後血糖が下がりやすくなり、
集中力が上がる、

というように、
いろいろな良い効果が期待できます。

座り方だけなのですが、
その座り方だけでも、いかに崩れている人が多いか、
ということでもあると思います。

この座り方ですが、
椅子に座る以外でも

正座やあぐらなど、
どんな座り方の時でもしていただくと、
変わると思います。

ぜひ、やってみてください。

それでは。

 

追伸

リンパケアサークルゆるふわでは、
毎日メールマガジンを発行しております。

「さとう式リンパケア」についての理論やセルフケア、
私、鷲見が気がついたことなど、を発行しております。

興味のある方はこちらのフォームから登録してください。
http://qev.y-ml.com/form_if.cgi?type=5&id=mail01

関連記事

  1. 1月の開催情報(鳥取県米子市)

  2. 6月のセミナー開催情報

  3. MRT(筋ゆる)応用講座

  4. 筋肉が膨らむのか 伸びるのか

  5. 明日は鳥取市でセミナーです。

  6. 椅子に座りながらできるセルフケア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。