軸の動きと腔の動き

おはようございます、鷲見です。

7月に入ってから、
さとう式リンパケアの理論の復習として、
過去の動画をご紹介しております。

今日は「軸の動きと腔の動き」という動画をご紹介します。

軸の動きだと、
頭や腰などの重さで振られてしまい、
ねじれてしまう、

振られてしまうと、
動きや重さが
手や足などにしっかりと伝わらず、

それだけでなく、ねじられることで
痛んでしまいます。

一方、腔の動きだと、
ねじれず、しなります。

ねじれず、しなると
動きや重さが
しっかりと手や足に伝わり、

ねじれないので、痛むこともないです。

体現するのは
なかなか難しいですが、

こうすれば、もっと良くなっていく
という希望になると思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

それでは。

 

追伸

リンパケアサークルゆるふわでは、
毎日メールマガジンを発行しております。

「さとう式リンパケア」についての理論やセルフケア、
私、鷲見が気がついたことなど、を発行しております。

興味のある方はこちらのフォームから登録してください。
http://qev.y-ml.com/form_if.cgi?type=5&id=mail01

関連記事

  1. 立ったままシェー体操

  2. なぜ、耳たぶを軽く上に持ち上げるの?

  3. 4月のチャレンジ

  4. 耳たぶ回しだって、「前回し」じゃなくて、「後回し」ですよ。

  5. シェー体操のご質問「足首を回外させるのはなぜ?」

  6. 首が痛い時の原因って、首じゃないですよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。