すべり症のケア方法

こんにちは、鷲見です。

今日は「すべり症のケア方法」です。

「私はすべり症と判断されまして、いつも腰に近い背中部に痛みを抱えています
前傾姿勢なため、前のめりになりがちなのでまっすぐに保とうとすると胸をはり、よけいに後ろに反ったようなS字姿勢になってしまいよけいに痛みをかんじてしまいます
すべり症を緩和するケア方法がございましたら、教えていただけると助かります。」

というご質問をいただきました。

今日は2つの視点でお答えしたいと思います。

まずは、痛みが出ないようにする立ち方、
そして、身体のケア方法です。

さとう式リンパケアには、
「支持筋は屈筋」という「屈筋理論」があります。

この理論が役立つと思います。

リンパケアは、
ケア方法(メンテナンス、お手入れ)で、
キュア方法(治療)ではないので、

すべり症、
そのものが治るということはないのですが、

屈筋で立てるようになってくると、
痛みが出なくなるようになっていきます。

いきなり、屈筋で立つ!
と言われても、
なかなか難しいかもしれませんが、

こちらの動画をご覧になってください。

そして、身体のケア方法は、
大腰筋をゆるめるケアが良いと思います。

痛みを感じてしまうのは、
大腰筋が収縮し、固くなってしまっていますし、

さきほど、ご紹介した
屈筋で立つということにも
大腰筋がゆるみ、機能することがとても大切です。

大腰筋をゆるめるケアとしては、
「シェー体操」がおすすめです。

ぜひ、参考にしてみてください。

それでは。

追伸

リンパケアサークルゆるふわでは、
毎日メールマガジンを発行しております。

「さとう式リンパケア」についての理論やセルフケア、
私、鷲見が気がついたことなど、を発行しております。

興味のある方はこちらのフォームから登録してください。
http://qev.y-ml.com/form_if.cgi?type=5&id=mail01

関連記事

  1. 痩せるをやめよう

  2. 今日は島根県松江市でセミナーでした。

  3. 大阪16期インストラクター養成講座 最終日

  4. セルフケアと体温の変化の検証 その4

  5. 「美首」で首を整えて、スタイルアップ

  6. 手を上げて、肩周りをゆるめる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。