下肢静脈瘤のケア方法

こんにちは、鷲見です。

今日は「下肢静脈瘤のケア方法」についてです。

「下肢静脈瘤に効くセルフケアがあれば知りたいです。
ボコボコしたり、クモの巣のように細い血管が浮き出ています。
よろしくお願いします。」

というご質問をいただきました。

下肢静脈瘤は、

鼠径部の圧迫による血流、
筋肉のポンプ機能の低下、
適正でない腹圧

などが原因です。

そこで、
こちらのセルフケアをご紹介します。

こちらのセルフケアでは、

まず、骨盤を立て、
鼠径部の圧迫から開放し、
鼠径部の血流が良くなります。

そして、
骨盤を前後に動かすことで、

筋肉のポンプ機能が上がり、
適正な腹圧がかかるようになります。

良くなるかもしれないし、
良くならないかもしれませんが、

やってみて、
体がポカポカ暖かくなってくれば、

鼠径部の血流が良くなり
筋肉のポンプ機能がアップし、
腹圧が適正になっているのだと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

それでは。

追伸

10月11日(木)東京品川にて、
新メソッドの講習会を行います。

時間
10:30〜12:30
14:00〜16:00
の2回開催します。

詳細は後日発表します。

リンパケアサークルゆるふわの
「さとう式リンパケア」の講座の詳細・お申込みはこちらから

https://www.lymphcare.org/event-schedule.php?search_instructor=515&pageNo=1&exec=search

追追伸

リンパケアサークルゆるふわでは、
毎日メールマガジンを発行しております。

「さとう式リンパケア」についての理論やセルフケア、
私、鷲見が気がついたことなど、を発行しております。

興味のある方はこちらのフォームから登録してください。
http://qev.y-ml.com/form_if.cgi?type=5&id=mail01

関連記事

  1. 来週は大阪滞在です。

  2. 今後の講習会の予定

  3. 背中が硬いです。

  4. 雑誌「FRIDAY」に掲載されています。

  5. 自家中毒(周期性嘔吐症)について

  6. 二の腕のプラプラのセルフケア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。