すごいものを知っているんです!

おはようございます、鷲見です。

今、静岡県掛川に向かっている
新幹線の中なのですが、

今日のメルマガを書いていて、
ふと感じたことがあったので、
ちょっとご紹介します。

メルマガの内容としては、
「テニス肘」についてです。

内容が気になる方は、メルマガをお楽しみください。

テニス肘について調べていたのですが、
こう書かれていました。

一般的には、年齢とともに肘の腱がいたんで起こります。病態や原因については十分にはわかっていませんが、主に短橈側手根伸筋の起始部が肘外側で障害されて生じると考えられています。 

https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/lateral_epicondylitis.html

さとう式では原因は簡単です。

腕の屈筋と伸筋が引っ張り合いをしていて、
より引っ張られてしまう伸筋側で炎症や痛みが起こっている。

ではどうすればいいのか?

これも簡単です。

引っ張り合いをさせない、引っ張らなくさせればいいのです。
つまり、筋肉をゆるめればいいのです。

実際に、ゆるめれば、良くなるし、
引っ張らなくさせるグッズ(フレクサーアーム)をすれば、
良くなります。

という具合に、

医学的にはよく分かっていないことでも
さとう式では簡単に分かることがあります。

そんなものを知っている。
知識として持っている。
なんて、とてもすごいことだと思いませんか?

と、感じたので、こうやってシェアしてみました。

そうそう!
すごいんだよ!

という方は、ぜひこれからもどんどん知っていきましょう。

それでは。

関連記事

  1. 「練習会」についてのお知らせ

  2. 20グラム以下の圧力で触れる

  3. 油圧ポンプのように 〜関節を曲げる時も伸ばす時も屈筋を使う〜

  4. 明日は鳥取県米子市で講習会です。

  5. インストラクターだけの手技

  6. セルフケア講座開催します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。