春だから、もう一度♪

こんにちは、
リンパケアサークルゆるふわの鷲見です。

久々のブログ更新となってしまいました。

久々ということもあるし、
春、新学期スタートということもあるので、
(もう15日になってしまいましたが、)

もう一度、最初から
「さとう式リンパケア」についての学びを進めていきます。

今日はズバリ!

「さとう式リンパケア」

という言葉についてです。

単なる名前のようですが、
しっかりと意味があるし、

重要なキーワード、3つで構成されています。

  1. さとう式

  2. リンパ

  3. ケア

この3つです。

今日は最初のキーワード
「さとう式」についてご紹介します。

なぜ、さとう式なのか?

それは、佐藤青児先生が開発したから、
さとう式なのですが、

偶然なのか、
必然なのか、
よく分かりませんが、

佐藤先生のご職業がとても大きな意味を持ちます。

さとう式の基本で、
そして、とても大切な考え方に、
佐藤先生のご職業がとても関係しています。

ご存知のかたもいらっしゃると思いますが、

佐藤先生のご職業は歯医者さんです。

歯医者さんは、
虫歯の治療をしたり、
入れ歯や歯周病という具合に、

歯の治療をするお医者さん、
というイメージがほとんどだと思います。

しかし、歯医者さんが本当にしていることは、
口腔機能改善なのです。

歯に不具合があり、
口腔機能を残っているから、
歯の治療を行っているだけで、

歯医者さんは
口腔機能専門のお医者さんなのです。

そんな歯医者さんの知識や経験から、

さとう式リンパケアのとても大切な考え方

「骨や筋肉」だけを整えるのではなく、
「骨や筋肉」を整えながら、「腔」を整えていくこと

だったり、

全身は繋がっていて、
全身の機能改善には、
まず「口腔」を整えることの大切さ

ということへと繋がっています。

「さとう式」だから、
「腔」という基本の理論へ繋がっていったのです。

ぜひ、参考にしてみてください。

次回も、
「さとう式リンパケア」という言葉について、ご紹介します。

キーワードは「リンパ」です。

それでは。

追伸

今週金曜日(4月19日)、滋賀県大津市で
「さとう式リンパケア上級講座」を開催します。

ライブで、さとう式リンパケアの理論や技術を学ぶことができます。

興味をお持ちの方は、こちらからご確認ください。
(申し込みページへいきます)

関連記事

  1. 筋トレとさとう式リンパケア

  2. 一泊二日の大阪遠征。

  3. 軸の動きと腔の動き

  4. 「巻き爪が痛い。。。」

  5. 背中の痛みにおすすめのセルフケア

  6. 幸せになる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。