「リンパ」っていう体液の話

こんばんは、
リンパケアサークルゆるふわの鷲見です。

今日は昨日の続き

「さとう式リンパケア」という名称について
ご紹介します。

昨日は「さとう式」についてでしたので、
今日は「リンパ」についてです。

「リンパ」というキーワード
ご覧になったことがある方は、
とても多いと思います。

リンパマッサージ
リンパドレナージュ

あと、最近では、
さとう式リンパケア以外でも
リンパケアという名称も見かけます。

一般的には、

「リンパ」とは、
リンパ管内の体液のことを「リンパ」と言います。

しかし、さとう式リンパケアでは、

「リンパ」とは、
間質にある体液のことを「リンパ」と言います。

ちなみに、間質とは、
血管外、リンパ管外、細胞間、筋肉内外の筋膜
などの場所のことを言います。

一般の方が思っている「リンパ」と
さとう式リンパケアで考えている「リンパ」を区別するために、

前者は「管内リンパ」、
後者は「リンパ間質液」と呼んでいます。

リンパ間質液は細胞に直接触れている体液で、

細胞は、リンパ間質液から
栄養と酸素を取り込み、
エネルギーや熱の産生、タンパクの合成などを行い、

リンパ間質液へ
二酸化炭素と老廃物を排出します。

さとう式リンパケアは、
筋肉をゆるめ、腔を整えることで、
リンパ間質液の循環を促します。

リンパ間質液の循環が良くなると、

多くの細胞へ、
より良く酸素と栄養が届きやすくなり、
余分な老廃物がより排出されやすくなります。

リンパ間質液の循環が良くなると、
そこへ繋がっている血液の循環やリンパ管の循環、
そして、体液全体の循環が良くなります。

体液全体の循環が良くなれば、
細胞もより良い状態になっていき、

人間として、全体がどんどん良い状態になっていきます。

さとう式リンパケアで扱う「リンパ」は
リンパ間質液のことで、体液循環全体を整えていきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

次回も、
「さとう式リンパケア」という言葉についてご紹介します。

次回のキーワードは「ケア」です。

それでは。

追伸

今週金曜日(4月19日)、滋賀県大津市で
「さとう式リンパケア上級講座」を開催します。

ライブで、さとう式リンパケアの理論や技術を学ぶことができます。

興味をお持ちの方は、こちらからご確認ください。
(申し込みページへいきます)

関連記事

  1. 感想をご紹介します。

  2. 今日は練習会を行いました。

  3. ゆるめると口が開きやすくのを体感するワーク

  4. 適当最強ゆるふわリンパ

  5. 「骨格矯正インストラクター養成講座」無事終了しました。

  6. またまた嬉しいご報告です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。