今からの季節がオススメ!シミのケア方法

こんにちは、
リンパケアサークルゆるふわの鷲見です。

先月、5月27日のニュースで
「季節外れの猛暑日なぜ?」とありました。

このニュースのように、
もうすっかり夏のような暑い日が続いています。

夏になると、日差しが強くなります。

女性の方は、「シミ」が気になるのではないでしょうか?

そこで、今日は「シミ」についてご紹介します。

今日のこの記事で、

「シミ」に対して、
正しい知識や考え方、
そして、ケア方法を知っていただきたいです。

シミのできるメカニズム

まず、「シミ」のメカニズムについてです。

シミができる原因は「紫外線」です。

皮膚は紫外線を浴びると、
「メラニン」という色素が生成され、
この色素が沈着することで「シミ」になります。

だったら、メラニンが生成されなければ、
シミはできない。

メラニンができないようにするには、、、

と、なれば簡単なのでしょうが、
そういうわけにはいきません。

メラニンにはとても重要な役割があります。

通常、皮膚は紫外線を浴びると、
先程も言ったように、
「メラニン」という色素を生成します。

「メラニン」は、色というバリアで、
皮膚の細胞核を紫外線から守っています。

そして、通常、ターンオーバー(新陳代謝)で、
約28日周期で、役割を終え、
垢にように、表面から剥がれ落ちます。

このように、メラニンは紫外線から私達の身体を守ってくれています。

しかし、強い紫外線やストレス、加齢、ホルモンバランスの乱れ、
などの様々な原因で、

メラニンの過剰生成やターンオーバーの乱れが起こると、

メラニンが沈着してしまい、
「シミ」となってしまいます。

これが「シミのできるメカニズム」です。

シミに対しての考え方

先程、シミのできるメカニズムで説明したように、
シミは紫外線から身体を守ってくれているものです。

そんなありがたい存在である「シミ」について
どんなイメージを持っていますか?

うわー、できちゃった、
いやだな〜、
こんなのできなきゃいいのに、

という具合に、

マイナスイメージ、
悪者、
邪魔なもの、

というように考えていませんか?

邪魔のものではなく、
私達の身体を守ってくれている、
ありがたい存在と考えてみましょう。

だから、「ありがとう」と感謝しながら、
ちゃんとメラニンが仕事ができるよう、
応援してあげようと考えてみましょう。

ちゃんとメラニンが仕事ができるようにするには、
循環を良くしてあげることが良いです。

循環が良くなると、
新しいメラニンがどんどん生成され、
ターンオーバーも正常化していきます。

メラニンとターンオーバーが良い状態になると、

メラニンしっかりと生成されているので、
紫外線から身体をしっかりと守ってくれます。

そして、ターンオーバーも正常なので、
役割を果たした古いメラニンは
しっかりと表面から剥がれ落ち、無くなってしまいます。

古いものはどんどん排出され、
新しいものをどんどん生成される。

川の流れのように、
循環が良い状態とはそういう状態になります。

シミケアのセルフケア方法

シミに対して、
正しい考え方、捉え方をしながら、

シミ解消のセルフケアをしてみて下さい。

やり方はとても簡単です。

気になる方は、どうぞこちらの動画をご覧ください。

シミケアのワンデイ講座

シミについて、いかがでしたでしょうか?

もっともっと知ってほしい、
知って、もっときれいになってほしいと思い、

シミケアのワンデイ講座を開催することにしました。

講座の申込みや詳細はこちらです。

リンパケアサークルゆるふわのメールマガジン

リンパケアサークルゆるふわでは、
メールマガジンを発行しております。

今日の記事のように、
いろいろな話題や情報を日々配信しております。

興味をお持ちの方は、
こちらの登録フォームから登録して下さい。

 

関連記事

  1. 今週末は新潟です。

  2. 希望のお話

  3. 急遽、開催決定!

  4. 鼻づまりに効果的なセルフケア

  5. 頚椎ヘルニアのケア

  6. 鷲見2期MRTマスター養成講座 最終日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。