空とは膨れること

おはようございます、
リンパケアサークルゆるふわの鷲見です。

今日の内容はメルマガでお送りした内容なのですが、
文字化けしているようなので、
こちらのブログでもご紹介します。

皆様は「般若心経」をご存知でしょうか?

ものすごく端的に言えば、
「空」という思想を説いているものになります。

さとう式リンパケアにも
「体は腔でできている」という理論があり、

この「腔」は、「空」に通じます。

「そら」ではなく、「くう」と呼びます。

「空」とは、
サンスクリット語で、
śūnya [シューニャター]と表現します。

このśūnya [シューニャター]は、
「ふくれる」と言う意味を持つśū [シュー]から派生した言葉で、
「膨れ上がって、中空のもの」という意味もあります。

「膨れ上がって、中空のもの」
つまり、さとう式リンパケアでいう「腔」です。

さとう式リンパケアでは、

腔を整える方法として、
筋肉をふくらませる、腔をふくらませるということをしますが、

śūnya[シューニャター]というサンスクリット語の意味からも、

ゆるめて、ふくらませるという方法は、
文字の意味の通り、
自然なことをしていたんだと思いました。

言葉というのはやはり意味があるものですね。

それでは。

 

追伸

リンパケアサークルゆるふわでは、
メールマガジンを配信しております。

興味をお持ちの方は、こちらから登録してください。

関連記事

  1. 講座内容変更とMRTマスター養成講座のお知らせ

  2. YouTubeチャンネル登録者数1,000名突破!

  3. 太もものセルライトについて

  4. 今日は「さとう式リンパケア講習会」です。

  5. 第2回症例発表会に参加してきました

  6. なぜ、お腹に手を当てるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。