上体起こしはどうすればいいのか?

「アナトミー・トレイン」という本に描かれているラインを参考に

腹直筋の動きの連動について考えてみます。

 

スーパーフィシャル・フロント・ライン

スーパーフィシャル・フロント・ライン

大まかな捉え方ですが、耳の後ろから指の筋肉まで繋がっているという図です。

ファンクショナル・ライン

ファンクショナル・ライン

フロントのラインで上腕骨から大腿骨まで繋がっています。

 

この2つのラインを意識し、連動させながら

腹直筋を動かすことでパフォーマンスアップが望めます。

 

最近、実証実験として、連動を意識しながら、

上体起こし(一般的に腹筋といわれる筋トレです)を行っていますが、

一つの気付きがあったので、シェアします。

 

その気付きとは腹直筋にいかに効いているのか、

という具合に筋肉を育てるという意識で行わず、

連動するラインをいかにうまく機能させるかが重要だということです。

 

いかに筋肉に効いているのか、という意識から

どうスムーズに連動できているのか、という意識に変えていくことで

パフォーマンスアップが期待できます。

関連記事

  1. 筋肉をゆるめる8つの条件

  2. 坐骨神経痛で立てません。

  3. 左の腰と右の腕が痛いという方のケア

  4. 揉まない、押さない、引っ張らない

  5. 耳たぶ回しの対象

  6. 臼蓋形成不全について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。