揉んじゃいけない!

さとう式リンパケアの

「筋ゆる」基本の8項目に「揉まない・押さない・引っ張らない」というものがあります。

 

なぜ、揉んではいけないのか?

それは筋繊維や筋膜の断裂が起こるからです。

200gの力がかかっていれば、十分断裂が起こります。

 

人間の体は100kg以上の力にも耐えるようにできていますが、

揉まれるようにはできていないのです。

 

しかし、今までの常識や快感により、人によっては揉まなければ気が済まない人もいます。

そういう人はどうぞ揉んでください。

 

ただ、こりを揉むのではなく、拮抗筋の圧痛点を押します。

肩こりには大胸筋

首こりには外側翼突筋

腰痛には腸骨筋、といった具合です。

 

これで「痛み」を解消することはできます。

「揉んで、痛みが取れて、あ〜、良かった」とほとんどの人はこれで満足してしまいます。

 

しかし、これで満足なんてしていてはいけません。

もっと良くなれるんですよ。

さとう式リンパケアではもっと良くなれます。

 

日本全国いろいろなところで無料講習会が開催されていますし、

本だって販売されています。
揉まない 押さない 引っ張らない 肩こりは10秒で治る

多くの人に講習会に参加し、本を読んで、

ぜひ「さとう式リンパケア」を知って欲しいと思っています。

関連記事

  1. 今日から2月です。

  2. ヘバーデン結節のケア方法の提案

  3. 教えて!〜顎が出て、エラが張っています〜

  4. 「さとう式リンパケア」のポイント

  5. 全身ケアの要、咀嚼筋ケア〜耳たぶ回し簡単バージョン〜

  6. お急ぎ下さい!残り1名となりました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。