寒い日に体を温める「温活」オススメするナイトルーティン

こんばんは
リンパケアサークルゆるふわの鷲見です。

来週の「大寒」(1月20日)に向け、
今シーズンの寒い時期がいよいよ佳境に入ってきました。

手足の冷えが気になる方は、とてもつらい時期ではないでしょうか?

今日はそんな方にオススメするナイトルーティンをご紹介します。

冷え改善のポイントは自律神経

冷えを改善するポイントの一つに、
夜の過ごし方があります。

自律神経という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

自律神経には、
活動のスイッチであり、昼活動する交感神経と
休息のスイッチであり、夜活動する副交感神経があります。

手足の冷えにも、この自律神経がとても関係しています。

本来であれば、夜になると、
副交感神経が活動し、
細かい説明は省きますが、
副交感神経が活動すると、
手足は暖かくなり、冷えは解消されます。

しかし、現代人は、交感神経優位と言って、
夜になっても、
交感神経が活動してしまっている人がとても多くいます。

手足の冷えを改善するには、
夜にはしっかりと副交感神経を刺激して、

交感神経ではなく、
副交感神経をどんどん活動させることが大切です。

副交感神経優位になれば、
手足がしっかりと温まる。

だけでなく、
質の良い睡眠も手に入り、エネルギーも高く、
質の高い一日を過ごすこともできます。

気になる方、そして、
質の高い日を過ごしたい方もぜひやってみて下さい。

【オススメするナイトルーティン】

19:00〜 夕食

20:00〜 夕食後すぐに「足指ワイワイ」

食後には、血糖値が高くなります。

このタイミングで、セルフケアを行うことで、
筋肉が糖を蓄え、
代謝や熱の産生をしやすくします。

そして、食後血糖を抑えることは、
脂肪が増えるのを防ぎ、ダイエットにも繋がります。

22:00〜 入浴

40℃位の温度のお湯にしっかりと浸かり、
副交感神経を刺激します。

こちらの記事を参考にしてみて下さい。
11月26日は「いい風呂の日」自律神経の名医が教える「究極の入浴法」

今、上記とは別のゆるめるケア中心の入浴ルーティンを実験中です。
発表できそうなら、また発表しますね。

22:30〜 「リフトアップ」をしながらの美容ケア

入浴後すぐに保湿などのケアをするのは、
美容の上でとても大切なポイントになりますが、
このケアをゆったりとゆる〜くすることで
副交感神経への刺激になります。

23:00〜 就寝

入浴で温まった体が冷え始める時に
睡眠ホルモンである「メラトニン」が分泌します。

このタイミングで寝ると、とても質の高い睡眠になります。

役に立ったという方、こちらから登録を

リンパケアサークルゆるふわでは、
上記のように皆様の生活や、生き方、あり方のお役に立てる情報を
日々配信しております。

今日のブログが良かったなと思った方
何かご質問やリクエストがある方は、
ぜひ以下のフォームから登録して下さい。

リンパケアサークルゆるふわのメルマガの購読申し込みはこちら
リンパケアサークルゆるふわのメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

それでは。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP