国民病・腰痛の8割以上が実は病名がつかない。

こんにちは
リンパケアサークルゆるふわの鷲見です。

まだまだ腰痛について、
理解されていないことって、本当に多いです。

こちらの記事でも書いているように
腰痛の85%が原因不明

これが腰痛に対しての現在の認識なんだと思います。

長時間の座りすぎや正しくない姿勢。8割を超す、病名がつかない慢性の腰痛に、歩幅を広く歩くことをすすめる理由とは。

情報源: 国民病・腰痛の8割以上が実は病名がつかない。そこで歩幅。(クロワッサンオンライン) – Yahoo!ニュース

こちらの記事では、
腰が痛いからといって、完全安静は良くないよ、
という内容ですが、

全くそのとおりだと思います。

動かせば、運動すればいい、ということではないですが、
全く動かさないことは、
筋肉が固くなってしまい、回復をより遅くしてしまいます。

腰痛の原因は、大腰筋という筋肉の緊張です。

大腰筋が緊張してしまうと、
腰方形筋や脊柱起立筋などの腰の筋肉が引っ張られ、固くなってしまいます。

腰の痛みは、
腰の筋肉が引っ張られることの痛み、だったり、

筋肉が緊張し、固くなってしまい、
体液循環が悪くなり、
老廃物が溜まってしまい、出てくる痛みです。

腰痛は、筋肉の緊張が原因なので、
筋肉をゆるめることがいち早い回復への道になります。

そのためには、軽く動かすこと、
特におすすめしたいことは、近所の散歩です。

トレーニングでない散歩は
筋肉を軽く動かし、ゆるめ、
体液循環を促すのに丁度いいです。

そして、散歩することは、足裏への軽い刺激になります。

足裏への刺激は、副交感神経の刺激になり、
自律神経も整い、
筋肉もゆるみやすく、心もゆるみやすくなります。

慢性的に腰痛を抱えている方は、
ぜひ近所の散歩を取り入れてみて下さい。

筋肉をゆるめるケアを加えるとより効果的です。

おすすめするケアは、
大腰筋をゆるめるケアと足裏をゆるめるケアです。

ぜひ、こちらも一緒にやってみて下さい。

役に立ったという方、こちらから登録を

リンパケアサークルゆるふわでは、
上記のように皆様の生活や、生き方、あり方のお役に立てる情報を
日々配信しております。

今日のブログが良かったなと思った方
何かご質問やリクエストがある方は、
ぜひ以下のフォームから登録して下さい。

リンパケアサークルゆるふわのメルマガの購読申し込みはこちら
リンパケアサークルゆるふわのメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

それでは。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP