「腰痛」とひとくくりにせずに、ケースバイケースで対応していきましょう!

こんにちは、
リンパケアサークルゆるふわの鷲見です。

今日は「腰痛」についての記事を拝見しました。

「腰痛」に限らず、
日々のケアはとても大切なのですが、

いざ「腰痛」を感じた時、
ケースバイケースの対応方法を知ることで
ご自分にあった正しい対応ができると思います。

正しい対応方法を知り、
不安なく自信を持って過ごしていきましょう。

2800万人が腰痛に悩んでいる

今、日本では、4人に1人が「腰痛」に悩まされているを言われ、
実際に人数にすると、約2800万人にのぼるそうです。

一般的に「腰痛」の原因と考えられているのが、
椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症などが知られていますが、
椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症が原因になることは極稀です。

原因が特定される「特異的腰痛」が15%
原因が不明な「非特異的腰痛」が85%

つまり、ほとんどの「腰痛」が原因不明と考えられています。

しかし、さとう式リンパケアでは、
「腰痛」の原因は、明らかになっています。

「急性の腰痛」と「慢性の腰痛」

「腰痛」には、2種類あり、
一時的に凄まじい痛みがある「急性の腰痛」と痛みが長引いてしまう「慢性の腰痛」です。

この中で放置してはいけない「腰痛」があります。

それは「急性の腰痛」です。

「急性の腰痛」の原因は、大きく2つあり、

1つは、癌や大動脈瘤などが原因の腰痛で、
命に関わる「腰痛」ですので、
こちらの場合は、医療機関での治療が必要になります。

こちらのポイントを参考にしてみて下さい。

医者に行くべき急性の腰痛を見極める6つのポイント

1.眠れないほど腰や背中が痛む。

2.やたらつまずく(下半身の神経所見がある)。

3.急に体重が減った。

4.とても疲れやすくなった。

5.今までになかった痛みである。

6.痛み止めが有効で、多用するとしばらくは耐えられる。

そして、もう一つは、「ぎっくり腰」と言われる「腰痛」です。

「腰痛」の原因は、ファシア

先程、さとう式リンパケアでは、
腰痛の原因は、明らかという話をしましたが、

「ぎっくり腰」も「慢性の腰痛」も同じ原因です。

その原因は、ファシアです。

ファシアとは、線維性結合組織といい、

筋肉を覆っている筋膜や骨を覆っている骨膜
そして、筋肉と骨、筋肉と皮膚、骨と皮膚をつないでいるもの
などのコラーゲン線維のことです。

背中側のファシアが引っ張られることで、
何らかの不具合の信号として「腰痛」が出てきます。

「ぎっくり腰」とは、
背中のファシア(主に背中の筋膜)が瞬間的に大きく損傷することです。

「慢性の腰痛」では、
ファシアへのストレスが常にかかっていて、
その不具合を知らせる信号を「痛み」として、お知らせしています。

腰痛を抱える日常と解放された日常

私も以前、腰痛持ちだったので、
腰痛が辛いことをとても良く知っています。

私は、「慢性の腰痛」と「ぎっくり腰」を体験していました。

「慢性の腰痛」を持っていると、
「ぎっくり腰」は起こりやすくなります。

ストレスが全く掛かっていない柔らかくしなやかなファシアは損傷しにくいですが、
ストレスが掛かり、固くなったファシアは損傷しやすいからです。

私は、ファシアの緊張具合がきつかったのか
くしゃみで「ぎっくり腰」になったことがあるくらいです。

それくらいの緊張具合でしたので、
ちょっとした動きに制限があり、
今になって分かりますが、それが生活への制限に繋がっていました。

しかし、今ではファシアの緊張を解消することができ、
生活の制限も解消することができ、
生き方の解放へと繋がっていってます。

体が資本
という台詞をよく聞きますが、

体は生活の基本、そして、生き方の基本であると思います。

ファシアのストレスを解消するケア

背中のファシアのストレスは、
お腹側の筋肉が収縮していることが原因です。

特に「大腰筋」という筋肉が大きく影響しています。

ですので、ファシアのストレスを解消するには、
「大腰筋」をゆるめるケアがとても有効です。

「大腰筋」をゆるめるセルフケアを紹介しますので、
気になる方は、ぜひやってみて下さい。

参考にした記事はこちら

腰痛には、絶対に放置していけないタイプがある。横浜市立大学附属市民医療センターペインクリニック内科の北原雅樹医師は「眠れないほど腰や背中が痛む、やたらつまずく、急に体重が減る。これらの症状があったら今すぐ病院に行ってほしい」という――。(聞き手・構成=医療・健康コミュニケーター高橋誠)

情報源: 「腰痛を絶対に放置してはいけない」痛みの専門医がそう断言する”医学的な理由” がんや血管系疾患の初期症状の恐れ | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

役に立ったという方、こちらから登録を

リンパケアサークルゆるふわでは、
上記のように皆様の生活や、生き方、あり方のお役に立てる情報を
日々配信しております。

今日のブログが良かったなと思った方
何かご質問やリクエストがある方は、
ぜひ以下のフォームから登録して下さい。

リンパケアサークルゆるふわのメルマガの購読申し込みはこちら
リンパケアサークルゆるふわのメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

それでは。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP