オスグッド・シュラッター病に「筋ゆる」

オスグッド・シュラッター病とは

スポーツをする中学生や高校生に多く見られる、膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎です。

 

症状のある中学1年生に「筋ゆる」を行いました。

ビフォーアフター写真です。

ビフォーアフター写真です。

ほとんど曲がらなかった膝が直角に近い角度まで曲がるようになりました。

関連記事

  1. さとう式リンパケアで体はどれくらい変化するのか?

  2. X脚のセルフケア〜O脚も同じですよ〜

  3. フレクサーソックスについての続報〜親指の内出血〜

  4. 腰痛にもオススメ

  5. 腕回しの解説

  6. かばんの持ち方(かばんを持ちながらセルフケア)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。