オスグッド・シュラッター病に「筋ゆる」

オスグッド・シュラッター病とは

スポーツをする中学生や高校生に多く見られる、膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎です。

 

症状のある中学1年生に「筋ゆる」を行いました。

ビフォーアフター写真です。

ビフォーアフター写真です。

ほとんど曲がらなかった膝が直角に近い角度まで曲がるようになりました。

関連記事

  1. MRTとは?

  2. 坐骨神経痛で立てません。

  3. 筋ゆるの効果についてご質問をいただきました〜キラキラグーパーのコツにつ…

  4. 支持筋は屈筋

  5. 片手バンザイ筋ゆる 椅子バージョン

  6. 僧帽筋が肩こりの原因ではない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。